大晦日につく除夜の鐘を英語で説明するには? 【すぐに使える例文付き】

季節
スポンサードリンク

大晦日と言えば、年越しそばや除夜の鐘

日本伝統の文化で外国人にはなじみが無いもの。

英語で説明するにはどうしたらいいと思いますか?

 

年越しそばは、そのまんま、

New Year’s Soba 」ですが、

除夜の鐘は想像がつきませんよね。

 

そこで、除夜の鐘は英語で何というか調べてみました。

 

除夜の鐘を英語で説明してみよう!大晦日は英語でなんていう?

除夜の鐘は「the bell on new year’s eve」

または、「The temple bells

ということが多いです。

 

eveは、クリスマスにも用いられるイヴ

前日という意味です。

 

つまり大晦日は新年の前日なので、

new year’s eve」ですね。

意外と簡単な英語でしたね。

除夜の鐘を英語で説明してみよう!煩悩は英語でなんていう?

 

そもそも除夜の鐘を鳴らすという習慣がない外国人

除夜の鐘という習慣や、意味をどのように説明すればよいでしょうか?

こちらも調べてみました。

 

除夜の鐘は大晦日に鳴らすものです

「The temple bells of New Year’s Eve are well-known in the last day of the year.」

 

除夜の鐘は108回と決まっています

「The temple bells of New Year’s Eve are decided 108 times.」

 

108回という回数は人間の煩悩の数と例えているからです

「The number of times as 108 times is because it’s compared to the number of the human worldly desire.」

 

一番難しいアジア的解釈の「煩悩」は

英語の「desires(欲望)」が一番近いですが、

そこに「human(ヒト)」を足して「human desires」と表現するのが一番近い解釈かと思います。

まとめ

大晦日は英語で「new year’s eve

除夜の鐘は英語で「the bell on new year’s eve

外国では有名じゃない日本の慣習なので

説明は簡潔にするとわかりやすいです。

 

日本独自の文化なので、

カッコよく英語で説明できると、

尊敬されること間違いなし!

早速例文を読んで覚えてみよう!

あわせて読みたい

https://kazukunn2.com/862.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました