除夜の鐘を108回つくのはなぜ?煩悩の数?一年間?

季節
スポンサーリンク
スポンサードリンク

大晦日の除夜の鐘が108回なのは

有名な話で知っている方がほとんどですが、

なぜ除夜の鐘の108回なのかご存じですか?

理由までは知らないという方が多いのでは?

 

今回は有名な説をいくつかご紹介します。

 

1.二十四節気

日本の文化は中国の影響を受けたものが多く、

季節を表す二十四節気もその一つ。

除夜の鐘も中国の仏教から伝わったものなので、

中国の季節を表す二十四節気の「24」

さらに細かく分類した季節を表す

七十二候の「72」

1年の月数を表す「12

これをすべて足すと「108」となり、

一年間、すべての季節という意味を表すという説

 

2.四苦八苦

四苦八苦を滅するという意味で

4×9+8×9=108

という説

 

3.煩悩
人の煩悩の数と言われる108を用いる説

 

このように諸説ありますが、

一番有名なのは煩悩の数という説ですよね。

私の煩悩は108では収まらないのですが、

末広がりの8をつけることで、

無数・沢山 という意味もあるそうで、

単純に108個というよりは、

沢山という意味で108になっているそうですよ。

除夜の鐘を鳴らす回数は108回とは限らない⁉正しい回数は?

除夜の鐘を鳴らすのは108回と決まっていますが、

中には騒音問題で回数を減らす寺院もあるそうです。

日本独自の文化なので少し寂しいですよね。

 

正しい回数は108回と決まっていますが、

騒音問題などを理由に回数を減らしたり、

夕方ごろから鳴らし始める寺院もあるそうです。

除夜の鐘をつく時の正しい作法!つき始めとつき終わりの時間は⁉

除夜の鐘は基本的に希望者には無償で

鐘を鳴らすことが可能です。

 

有名な寺院は有料のことが多いですが、

ご利益がありそうですよね。

 

人気の寺院では108回の枠を抽選で決めるところも。

除夜の鐘が鳴らせると知ったら、

一度は鳴らしてみたいですよね。

 

そこで、除夜の鐘の正しい鳴らし方をご紹介します。

除夜の鐘をつく前に、鐘の前で合掌し、

スポンサードリンク
 

心を落ち着かせてから、優しく鐘をつくのが

礼儀作法です。

 

参照

除夜の鐘の意味とは?つく時間や回数についても|村松山 虚空蔵堂だより

(2019.9.27公開中)

 

つきはじめの時間はお寺によってさまざま。

22:30~開始する寺院が多いそうです。

新年になり、108回目の鐘が鳴ると

つきおわりになります。

 

除夜の鐘を鳴らしたい場合は多くの寺院で

抽選があるので、

それより早い時間に行かないといけません。

 

寺院のHPで時間の確認をし、

防寒対策はしっかりとしていきましょう!

まとめ

除夜の鐘が108回の理由は諸説あり

一番有名なのは人の煩悩の数と言われています。

 

夜遅くに108回の鐘を鳴らすことをよく思わない方もいるので、

最近では108回も鳴らさない寺院も多いとか。

 

除夜の鐘は一般の方でも鳴らすことが出来る寺院もありますので、

お近くの寺院のHPを確認し、お寺に行く際は

防寒をして除夜の鐘を鳴らしましょう。

あわせて読みたい

冬の記事特集!
冬の料理の定番お鍋の情報から、 季節ならではの行事まで 冬に関する記事をまとめました! ...

コメント

  1. […] 除夜の鐘を108回つくのはなぜ?煩悩の数?一年間?大晦日の除夜の鐘が108回なのは 有名な話で知っている方がほとんどですが、 なぜ除夜の鐘の108回なのかご存じですか? 理由まで […]

タイトルとURLをコピーしました