1年最後の日「大晦日」を英語で伝えるならこのフレーズを使おう!

季節
スポンサーリンク
スポンサードリンク

年末やお正月に海外に行ったり、外国人の友達との交流がある方。

「大晦日」を英語で伝えるフレーズに困っていませんか?

 

日本で習う英語と、現地での英語が異なり、

意味が通じないなどといったトラブルが

よく発生していますよね。

 

今回は、そんなトラブルを避けて

気持ちの良い大晦日を過ごすために、

英語で大晦日を伝えるフレーズをご紹介致します!

大晦日の除夜の鐘を友達に英語で伝えたいならこのフレーズを使おう!

「大晦日」を伝える英語で最もポピュラーなのは、

「New Year’s Eve」です。

クリスマスの前日、クリスマス・イヴと同じですね。

 

では、日本の文化である「除夜の鐘」

表すフレーズはどうでしょうか?

 

「on New year’s Eve ,the act of ringing the watch night bell」

「大晦日の夜に鐘をつくこと」という意味です。

この「watch night bell」が夜の鐘、除夜の鐘ですね。

最初の「on New Year’s Eve」が「大晦日の夜に」となります。

 

「大晦日の夜につく鐘の音」という文を表すフレーズは

「the sounds of the watch night bell on New Year’s Eve」となります。

「the sounds」で音を表し、

それに「of the watch night bell」をつけて

「鐘の音」となります。

 

友達に「除夜の鐘」のことを伝えたいけど、

英文は話せないという方は

「he watch night bell」だけでも伝わるはずです。

 

あとは、ジェスチャーなんかもつけてあげると、

より伝わりやすいと思います。

大晦日から元旦に行われるカウントダウンは英語でも同じフレーズ?

日本のアーティストなどの年越しカウントダウンライブなどで

年を越す前に数字をカウントし、

「A Happy New Year!!」と言いますよね。

 

それって、英語でも同じなんでしょうか?

 

Happy New Yearというと、「良い年」という意味から

スポンサードリンク
 

「よいお年を」と思いがちですが、

「よいお年を」は「Have a happy new year」と言います。

「あけましておめでとう」は日本語でも英語でも

「A Happy New Year」と言います。

 

英語では他にも

「Happy 〇〇(例:2019)」

「Cheers to a new year」などといった言い方があります。

「Cheers to a new year」は、「新年に乾杯」という意味です。

かっこいい言い方なので、こちらも非常にオススメです。

いかがだったでしょうか?

「A Happy New Year」というたった一つの言葉だけで、

外国の友達と新年を祝うことができるので、

ある意味「Hello」と同じですね★

長い英語が話せなくても、相手に伝わる英単語があるので

少しだけ覚えておくと役に立ちますね♩

 

日本のお正月だけでなく、海外の年越しやお正月に

触れてみるのも良い刺激になるのではないでしょうか?

 

みなさん、来年も素敵な一年にしてくださいね♩

あわせて読みたい

冬の記事特集!
冬の料理の定番お鍋の情報から、 季節ならではの行事まで 冬に関する記事をまとめました! ...

コメント

  1. […] 1年最後の日「大晦日」を英語で伝えるならこのフレーズを使おう! | みんなのお役立ちラボ より: 2019年10月2日 8:48 AM […]

タイトルとURLをコピーしました