リブロースってどこのこと?ステーキの部位と特徴を知っておこう!

料理
スポンサーリンク
スポンサードリンク

焼肉、ステーキ、すき焼き…

思い浮かべただけでもすぐ食べたい!

というぐらい大好きなお肉

 

ですが、最近まで部位や特徴について、

あまり知らなかったんです。

 

でも、普段食べているお肉について、

色々勉強すると

よりお肉が大好きになりました。

 

私と同じお肉大好きなあなたにも、

お肉のことを知ってもらって

もっと大好きになってほしいので、

お肉の部位や特徴について、まとめてみました。

霜降りを楽しむリブロースと赤身と脂身のバランスで楽しむサーロイン!

リブロースとサーロインの違いについて

ご説明したいと思います。

【リブロース】

肋骨背部にあり、ヒレ(腸腰筋)より前面にあります。

牛1頭から約20㎏しか取れない貴重で人気の部位です。

 

「リブ」はあばらを指していて、

よく動く部分ですので、サーロインに比べると、

赤身と脂身のバランスがよく、きめ細かくて柔らかい。

 

「ロース」というのは、「ロースト」(焼く)からきており、

焼くのに適しています。

 

筋も少ないので、長時間焼き上げることで

甘みが増し、脂が全体的に溶け出します。

 

ヒレやサーロインとともに最高級の牛肉とされており、

ローストビーフやステーキなどにぴったりなお肉です。

【サーロイン】

ヒレの後ろ側にあります。

 

きめが細やかで、霜降りの入り方もちょうどよく、

甘みが強いのが、特徴です。

 

サーロインの由来は、昔イギリスの国王

お肉のおいしさに感動し、牛肉の中でもっともおいしいとして、

腰の部分をさすロインに、貴族の称号のサーをつけたことだそうです。

 

それだけの名前をつけるということは、

相当おいしかったんだと思います。

 

サーロインは、牛1頭から20㎏しか取れない貴重なお肉です。

1番おいしい食べ方は、もちろんステーキ!

 

ミディアムレアなど、色々な焼き方で、

お肉を楽しめるのも良いですよね。

 

ステーキの最上級。まさに、牛肉代表です!

リブロースをステーキ以外で楽しむなら⁉産地別おすすめ料理!

リブロースは、長時間かけて焼くことで、

お肉の甘みを引き出せるので

ローストビーフがおすすめです。

スポンサードリンク
 

 

簡単ですぐにでも真似できそうなレシピを、ご紹介いたします。

【ローストビーフ】
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1160029879/?l-id=recipe_list_detail_recipe

こちらのレシピは材料が少なく、

非常に作りやすいと思います。

お誕生日やクリスマスなど特別な日に

作ってみてはいかがでしょうか?

【ローストビーフ2】
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1790008302/?l-id=recipe_list_detail_recipe
こちらは、フライパンでできちゃうローストビーフです。

オーブンがなくても、できるのは嬉しいですよね。

 

しかも、調理時間6分!驚きです。

これだけ調理時間が少なかったら、

普段の食卓に出せますね。

まとめ

リブロースとサーロインについて、ご紹介いたしました。

お肉の特徴を知ることで、

よりおいしく食べられる調理法や料理が分かるので、

ぜひ特徴を知って、料理を作ってほしいなと思います。

 

私も、お肉の特徴を知っていくうちに、

さらにお肉が好きになってきました。

 

近いうちにローストビーフを作ってみようかな。

あなたはどんな料理にしますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました