「カップヌードル ビッグ 年に一度の謎肉祭」レビュー!大満足のいつものクオリティ!

レビュー
スポンサーリンク
スポンサードリンク

2016年に突如として登場した「カップヌードル 謎肉祭」。

カップ麺の最初の品にして定番商品「カップヌードル」に使用されている謎の肉(正式名称はダイスミンチ)を盛大にフィーチャーした製品です。

 

なお、謎肉は豚や鳥の肉と大豆を組み合わせて作られているとのことで、独特な食感は大豆由来の部分があるのだとか。

畑の肉と言われる大豆の力で、低価格のカップ麺の中にボリューミーなサイコロ肉が入れられるというわけです。

 

毎年秋になると販売が開始され、謎肉の種類や量などをチェンジして登場します。

文字通り祭として定着してきた感のある商品ですね。

今年は史上最大の謎肉量で、豚肉ベースの黒い謎肉だけをマシマシにした商品だとのことです。

 

今回は実際に食べてみましたので、レビューしたいと思います!

ガッツリ謎肉の詰まった見た目が衝撃

百聞は一見にしかずといいますが、上の写真がすべてを語っています。

今年は史上最大の謎肉料とのことでしたが、本当にたっぷり入ってますね。

 

作る前から期待度が上がります!

味はいつものカップヌードル

というわけで、お湯を入れて3分待つと完成!

謎肉で画面が埋まってますね。

名前の通りの謎肉の祭りです。

 

さて、お味の方はと言うと、普通のカップヌードルとほぼ同様です。

特に麺はカップヌードルとの違いが見いだせないくらいです。

おそらくベースはカップヌードルと同じなのでしょう。

 

しかし、そこは謎肉祭。

各所で謎肉がいい仕事をします。

まず、スープが少しスパイシーになります。

特に食べ終わる頃には結構別物感が出てきていました。

謎肉の味が溶け出しているのだと思います。

あるいは、通常版に含まれるエビや卵の影響が無いのが影響しているのか……。

どちらにせよ、スープを楽しむ段階では意外と別物に仕上がります。

スポンサードリンク
 

 

そして何より、麺と謎肉を一緒に食べた時の食べごたえ。

ジューシーな印象の残る食いごたえのあるひとくちが何度も楽しめます。

通常版ではそう何度も味わえないので、謎肉祭ならではの楽しみ方と言えます。

麺と謎肉の同時食い、おすすめです!

 

というわけで、レビューらしく点数をつけていきたいと思います。

評価:☆4つ

 

総評としては、いつものカップヌードル&謎肉のパンチという感じになります。

安定したいつものクオリティなので、万人におすすめできる商品と言えるでしょう。

逆に、新規性の強い味ではないと感じました。

ただお肉が多いだけと思う方もいるかと存じます。

実際そこがこの商品の良さなのですが、新鮮な体験を期待すると肩透かしを食らう可能性はあります。

年に一度のカップヌードル祭り「謎肉祭」

今年も全力で楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました