ホームシアタースピーカーは5.1chがおススメな理由5選!!

オーディオ・ビジュアル
スポンサードリンク

ホームシアタースピーカーのチャンネル数は

[2.1ch][5.1ch][7.1ch]の三種類がメジャーですが

一番オススメなのは5.1ch!

 

  • お勧めな理由その1

もともと劇場用の音響の標準が5.1chだった!

劇場シアターでも標準仕様として5.1chのスピーカーが利用されていたので、

ホームシアターを利用する際も5.1chがお勧めです!

  • お勧めな理由その2

一般的なDVDは5.1chに対応した形式で収録されているから!

Ch数の違いからくる音のブレがなくなります!

  • お勧めな理由その3

多数メーカーから様々な価格帯で発売されているから!

一番メジャーなチャンネル数のため

種類が豊富なので、ニーズに合う機種が

必ず見つかります!

  • お勧めな理由その4

ホームシアター向きの出力だから!

価格が安価な2.1chだと、スピーカーの数が少ないため

どうしても6帖が限界。

ホームシアターを設置する部屋は6帖以上の場合が

ほとんどのため、5.1chがオススメ!

  • お勧めな理由その5

7.1chより価格帯が安価だから!

さらに本格派と言われる7.1chは価格もやはり高額。

趣味の範囲で楽しむなら5.1chが妥当です!

ホームシアタースピーカーの選び方!立体的サウンドを実現するには?

憧れのホームシアターもスピーカーの選び方や置き方で

生かすことも殺すことも出来てしまいます・・・。

ホームシアターを楽しむにはスピーカー選びを

慎重に行う必要があります。

 

こちらのサイトにスピーカーのメーカーごとの特徴が

くわしくまとめられています!
https://monomania.sblo.jp/article/182654993.html
(2019.9.1現在公開中)

自分のニーズに合うスピーカーが見つかると

映画鑑賞が何倍も楽しくなりますよ!

ホームシアタースピーカーの標準は5.1ch!その魅力を紹介!!

5.1chスピーカーは、正面のステレオ音声2つ(2ch)

セリフを聞き取りやすくするセンタースピーカー1つ(1ch)、

立体音響のための後方スピーカー2つ(2ch)、

重低音専用サブウーファーを1つ(0.1ch)

で構成されています。

 

2.1chとの差はセンタースピーカーと後方スピーカー!

この3つがあると無いの違いです。

 

センタースピーカーがあることにより、

映画において非常に重要である、

セリフが鮮明かつ独立し、しっかりと聞こえます。

 

後方スピーカーがあることにより、

音が360度から聞こえる為、

迫力と立体感が出ます。

 

ホームシアターで映画を鑑賞するなら

後方スピーカーも絶対にあった方がいいですよ!

まとめ

ホームシアターを見るなら、

スピーカー数の多い5.1chスピーカーが絶対おすすめ!

後方スピーカーがあることにより立体感、迫力は天地の差!

セリフがしっかり聞こえることで、作品に集中することも出来ます!

5.1chが映画鑑賞には主流なので種類も豊富です!

好きなメーカーのスピーカーを選んで

楽しい映画ライフを♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました