もう悩まない!ベストなホームシアターのスピーカー配置はこれだ!!

オーディオ・ビジュアル
スポンサーリンク
スポンサードリンク

自宅でこだわりの音響で映画やライブ映像を見たい!

そう思っているものの、

スピーカーってどこへ置くのが一番いいのか、

意外と難しくて悩みますよね。

 

テレビ横?天井吊り下げ?

それともソファ裏??

 

悩みがちなスピーカーの置き場の

お勧めをご紹介します!

 

ホームシアターのパイオニアメーカー

「ドルビー」公式サイトより

お勧めの配置をご紹介!

https://www.dolby.com/jp/ja/guide/surround-sound-speaker-setup/5-1-setup.html
(2019.9.1.公開中)

こちらのサイトによると、

スピーカーの高さは耳の位置に来ること、

スピーカーの前に遮蔽物を置かないこと

この二つがポイントのようです!

ホームシアターのスピーカー選び方のポイント!部屋の広さで考える!

スピーカーはエアコンと同じで

部屋の大きさに適したサイズを利用することで

スピーカーの実力を最大限発揮できます。

 

大きい部屋に小さいスピーカーを置いても

あんまり意味がないですよね。

 

逆に、小さい部屋に大きいスピーカーを置いても

音響が響いて逆に聞き取り辛くなります。

そこで、部屋の大きさ別

お勧めのスピーカーの出力をご紹介します。

10畳前後のお部屋=15W前後

20畳前後のお部屋=30W前後

が一般的なサイズとのことですよ!

ホームシアターのスピーカーは配線が命?!注意ポイント5選!!

ホームシアターとスピーカーは、コードが多く、

配線がごちゃごちゃになりがちです。

 

かっこいいホームシアターを作っても、

足元が配線でごちゃごちゃでは、

せっかくのシアターも台無し・・・。

 

そこで、配線の際に注意したいポイントをご紹介!

 

1.組み立て前に配線図を作ってみる

配線でごちゃごちゃになる人は、

組み立てながら配線をしていませんか?

予め配線図を作っておくことにより、

これはどの配線か?

どこにつなげるのか?

これが明確になります!

これが明確になるだけで、配線のごちゃつきは

劇的に減ります!

 

2.ケーブルにネームタグをつける

スピーカーの買い替え時やメンテンナンスの際に

コードの配線に名前がついていると、

とても分かりやすくなりますよ!

3.配線隠し用の機材を使う

企業のオフィスなどでよく見かける配線隠し用の

カバーを活用すると、部屋がすっきりします!

スポンサードリンク
 

4.スパイラルチューブで配線を纏める

ホームシアター裏などはスパイラルチューブを使用し

配線をスッキリさせるとシアター周りもすっきり!

5.いっそのことワイヤレス化する

極端な話ですが、Bluetooth対応のスピーカーを利用すると

配線いらずでスッキリします!

価格は有線のものよりお高いですが、

面倒な配線をしたくないという方には

Bluetoothスピーカーをお勧めします!

まとめ

ホームシアターのスピーカーは

配線に注意して組み立てましょう!

 

配線隠しカバーやケーブルタグなどを使用して

どの配線がどのケーブルなのかを一目でわかるように工夫すると

わかりやすくメンテナンスもラクチン!

 

スピーカーは部屋に合った出力のものを選ばないと

かえって聞き取りづらくなるので、注意して!

スピーカーの位置は耳の高さがベスト!

スピーカーの前には遮る物を置かないように注意しよう!

 

憧れのホームシアターで楽しい映画ライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました