ベッドの下の収納ケースが大活躍!見せたくないものは、隠しちゃおう!

布団・ベッド
スポンサーリンク
スポンサードリンク

皆さんの家では

お布団を敷くタイプではなく

ベッドという人が

増えているのではないでしょうか?

 

そのベッドの下に空いた

空間をみなさんはどうしてるでしょうか?

 

効率よく活用することができるのですよ。

 

これから、思っていた以上に活躍してくれる

ベッド下の収納の活用方法について

ご紹介していきますね。

空間を無駄なく活用!ベッドの下に収納ケースを置いてお部屋スッキリ

自分のお部屋が何だか狭い!

そこに、ベッドの下があいているではありませんか!

 

私の家でもベッド下には

衣料ケースがいっぱい詰まっています。

 

その季節に着ない洋服などは

衣料ケースに季節ごとに分けて入れて

そのままガラガラっとベッドの下へ。

 

ただし、デメリットもあって、

掃除がしづらくなってしまうんですよね。

 

そこでうちでは

キャスター付きの収納を使っています。

 

出す手間はありますが、

重たい思いをしなくて済みますよ。

 

それから、ベッド下には学生の時などの

懐かしい品々も衣料ケースへ入れちゃってます。

 

なので、他の収納スペース、

例えば押し入れなどもスッキリしています。

 

しかし、ベッド下の収納は湿気がたまるため

なるべく高さのあるベッドにすることをおすすめします。

 

また、湿気対策として

すのこのベッドであるともっといいですね。

 

それからポイントとして、

ベッド下に収納するということは

湿気も溜まりやすくなります。

 

なので、除湿剤を入れるのを

忘れないようにしましょう。

収納ケース?ベッドの収納を代わりに一石二鳥の活用方法

一人暮らしの小さいアパ-ト暮らしの人などは、

収納スペースに苦労すると思われます。

 

なんと、今はベッドにすでに

収納スペースが付いているベッドがあるのです。

 

ベッドに付いている

収納を利用することで

余分に衣料ケースや

本棚など購入しなくても

ベッドに付いている収納で

スポンサードリンク
 

容量が済んでしまうパターンもあります。

 

このことから、収納付きベッドを

購入することによって

他の家具を購入しなくて済むのです。

 

お財布にも優しく一石二鳥ですよね!

 

ベッドの種類にも色々あり、

オーソドックスな引き出しがついているパターンはわかりやすく使いやすいです。

 

ベッドが上下に見開きになるパターンなどですと

ベッド全体が収納になります。

 

ベッドの下から跳ね上げタイプのパターンは、

上記と同じくベッド全体が収納となるのが魅力です。

 

これだけ種類があると選ぶのも楽しいですよね。

まとめ

ベッド下の収納について書いてきましたが、

いかがだったでしょうか?

 

ベッドにも人それぞれこだわりはあると思います。

 

しかしながら、私からのご提案ですと、

やはり湿気は誰しも気になると思います。

 

なので、なるべく高さのあるベッドを

選ぶことを強くお勧めします。

 

そして衣料ケースはキャスター付きのもの。

 

そうすることによって毎回でなくとも

時々ベッドの下から出して掃除ができます。

 

そして、衣料ケースも

収納付きベッドにも

除湿剤は必ず入れることですね。

あわせてよみたい

布団・ベッド特集
夜寝るときに欠かせないのが、布団とベッドです。 急な来客で布団が足りない、どうしよう! ベッドの下にあるスペースをなにかに使えない? 皆様の疑問にお答えします! ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました