布団のお手入れ!干し方は?カバーの洗濯は?布団クリーナーの効果的な使い方は?

布団・ベッド
スポンサードリンク

ふかふかの清潔なお布団で眠るのって
幸せですよね~!

ふかふかで清潔にするには
キチンとした手入れが必要なわけですが

中々お手入れの方法ってどうしたら良いか
わからないのではないでしょうか?

私も布団のお手入れというものは
あまりわからず放置してきましたが
やっぱりするとしないとでは大違いですので

ぜひ、こちらの記事を参考になさってくださいね!
それではご紹介していきます!

スポンサードリンク

布団カバーやシーツの洗濯!洗い方のコツと早く乾く干し方!

布団の洗い方とそのコツをまとめました。

【必要なもの】
① カバーやシーツが入るくらいの大きい洗濯ネット
② 大きなハンガーか物干しざお
③ 洗濯ばさみ

【洗濯の仕方】
① シーツのファスナーを閉め、2つ折り、または4つ折りにたたみます
② シーツを洗濯ネットに入れ、洗濯機の洗いコースを押します
③ 洗濯と脱水が終わったら、すぐに取り出し、干します

【ポイント】
・シーツはそのまま洗濯機に入れてしまいがちですが
しわになりやすいので必ずたたんでからネットに入れてください

・シーツは洗濯が終わってすぐに出さないと
洗濯槽がかびる原因やシーツが生乾き臭くなってしまうので
かならずすぐに取り出しましょう

早く干す方法は次でご紹介します。

・早く乾かす方法
① 軽く叩いてシワを伸ばします
② 物干しざおか、ハンガーをいくつか使って日陰に干します

【ポイント】
・物干しざおやハンガーを使って干すことで
風に当たる部分が増え、早く乾きます
・また、日が当たるところに干したくなるかもしれませんが
日陰の方が生地が傷みにくいのでおすすめです

スポンサードリンク

布団クリーナーの使い方!効果的なのは布団を干す前?干した後?

・布団クリーナーは干す前がおすすめ
布団クリーナーは干す前にするのがおすすめです。
なぜかというと、ダニがよく取れるからです。

洗濯機でぐるぐると回され
水流の影響を受け
脱水までかけられたらダニはヘトヘトです。

そこで休む間もなく
布団クリーナーでダニを吸い取ることで
ダニは抵抗できないので吸い込みやすくなります。

・時間をかけて丁寧にする
布団クリーナーは、時間をかけて丁寧にしましょう。

床を掃除するように
ガーっと掃除機かけるのでは
中々ダニは吸い取れません。

ダニはシーツの繊維に絡みついて
吸い込まれないようにするので

ある程度の時間、丁寧にかけることで
ダニが吸いやすくなるんです。

・すぐにゴミを処理する
布団クリーナーをかけた後は
すぐにゴミを処理します。

ダニもほこりも布団クリーナーには
たっぷりあることになるので
ダニがエサを食べ
そこでまた繁殖してしまう可能性があるからです。

スポンサードリンク

まとめ

布団カバーやシーツの洗い方や干し方まで
ご紹介しました!

ポイントをおさえて
最後まで行えば
失敗することはほとんどなく

ふかふかで気持ちのいいお布団で寝られます!
ぜひ洗い方や干し方のコツをおさえて
清潔なお布団で寝ましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました