日本の文化・慣習を英語で!節分を英語で説明するならなんていう?

季節
スポンサードリンク

近年、日本では外国人観光客も増えており、

外国人と接する機会も多くなっていますよね。

 

そこで、日本の文化や歴史について

聞かれることもあるかと思います。

 

とっさに聞かれても、普段から英語を使っていないと難しいですよね。

 

外国人の方に節分について、説明する際に役立てていただけるよう

まとめてみましたので、ぜひご覧ください。

節分の日を英語で説明しよう!鬼は外福は内を英語で言うと?

節分は、英語でも‘Setsubun’とローマ字表記です。

寿司も‘Sushi’と言いますよね?

それと同じです。

 

日本の行事や食べ物、場所などは

そのままローマ字表記ということが多いです。

 

ですが、節分は豆をまくお祭りとも言われていて、

‘Bean throwing festival’と言われることもあります。

 

日本語に直訳すると、「豆を投げるお祭り」なんて、

なんだか、とても賑やかで楽しそうですよね。

 

そして、その節分には欠かせない『豆まき』ですが、

「鬼は外、福は内」と言いながら、豆をまきますよね。

 

この掛け声は英語ではDevils out, happiness in!と訳されます。

そのままな感じもしますが、鬼は英語では‘Devil’と訳されるのですね。

節分の由来を英語で説明しよう!立春を英語で言うと?

そもそも『節分』とは、何の日なのか?

 

節分とは、暦で立春の前日のことをいい、『季節を分ける』という意味もあります。

 

これを、英語で表すと、

‘Setsubun is the last day of (the) winter'(節分は冬の最後の日)

もしくは、’Setsubun literally means “division of seasons”.’(節分は文字通り季節の区切り)

と、なります。

 

ちなみに立春は’First day of spring’(春の最初の日)といいます。

春の最初の日なんて、晴れやかで縁起がよさそうですね。

まとめ

日本の行事を英語で外国の方に説明するのって、

難しいですね。

 

日本人でも、その行事の由来を詳しく知らないことが多いので、

まずは、日本人が日本の行事や、その行事の由来、

言い伝えなどを、詳しく知る必要があるのかもしれませんね。

 

2020年に東京オリンピックを控え、

たくさんの外国人の方と接する機会が増えることが

予想されます。

 

日本のお国柄や、しきたり、作法、日本人の性格なども、

外国の方から注目される世界的な大会が

行われるなかで、日本の習慣や行事なども、

きっと注目されるでしょう。

 

日本人もっと日本のことを勉強して、

外国の方に伝えられるようにすれば、

ホスピタリティや愛国心の高い、良い国として、

今後、ビジネスや経済においても

注目されていくのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました