子供の髪型を簡単に可愛くしたい!自宅と美容院のどちらを選ぶ?!

子育て
スポンサーリンク
スポンサードリンク

子供の美容院代って意外とかさみますよね~!

特に前髪は伸びるのが早いので、

毎回毎回美容院に行っていたら手間もかかります。

 

なので私は自宅でカットしていますよ♪

もう何年も自宅カットですが、

最初は恐る恐るでもどんどん慣れていきます。

こちらでは子供におすすめの

可愛いらしいヘアスタイルをご紹介していきますね♪

子供の髪型で女の子は前髪がポイント!可愛らしいスタイル7選!

スタイル①弧バング

子供の髪型では弧バングがおすすめです!

その名の通り、弧のようにアーチを描く前髪で、

目じりに向かって自然に長くなっているのが特徴です。

 

この前髪は、

子供だけでなく大人女子がやっても自然ですので、

私は娘とおそろいでこの前髪にすることがあります。

 

スタイル②ぱっつん前髪

ぱっつん前髪は王道ですよね。

まず、ぱっつんにするには、

前髪をなるべく多めにとります。

 

このときに、前髪とそうでない横の毛を

しっかり分けてください。

ぱっつん前髪は横の毛を切ってしまいがちなので、

きちんと分けないと前髪が

かなり多くなってしまうからです。

 

私も前髪を作りすぎてしまった経験があり、

伸びてくるまで恥ずかしかったです。

 

スタイル③斜め前髪

子供の前髪は斜め前髪がおすすめです!

女性アイドルに多い髪形ですよね。

そのため女の子が憧れる前髪でもあります。

 

前髪を7:3分けし7のほうをカットし、

3のほうは横に垂らして作っていきます。

近所の小学生も

この髪型の子増えましたね~。

 

スタイル④眉上ぱっつん

子供の前髪は眉上ぱっつんがおすすめです。

ただのぱっつんではなく、

眉上までカットするのでより幼い印象になりやすいです。

 

子供の眉上ぱっつんはかわいすぎますよね~!

 

スタイル⑤シースルーバング

子供の前髪はシースルーバングがおすすめです!

シースルーバングはその名の通り、スケスケな前髪です。

 

最近は韓国ブームですが、

韓国のアイドルがシースルーバングをしていることで

日本でも一気に人気になりました。

 

子供でも女の子は流行に敏感ですので、

シースルーバングで気分も上がると思います♪

 

スタイル⑥チョッピーバング

子供の前髪は

チョッピーバングがおすすめです!

シースルーバングは

先ほどスケスケの前髪と

ご紹介しましたよね。

 

チョッピーバングは、

シースルーバングでありつつ

眉上カットも取り入れています。

 

そのため、

おでこのニキビが気になるお年頃の女子には

おすすめなのでうちの娘もこの髪型です。

ニキビができにくくなりました。

 

スタイル⑦ギザギザ前髪

子供の前髪はギザギザ前髪がおすすめです!

ギザギザしているので適度に垢ぬけて見えます。

 

ませてる子供にはこういう前髪のほうが

気に入ったりするんですよね。

とくに小学校高学年になってくると

スポンサードリンク
 

スマホや雑誌で最近の流行を

チェックするものです。

子供が喜ぶあのヘアスタイルの名前!女の子編!!

・クルリンパ

子供が喜ぶヘアタイルはクルリンパです。

結んだ髪の毛を結び目の根元でくるり、とするだけで

オシャレに見えるヘアアレンジです♪

 

結び目が見ないので

手が込んでいるように見えますし、

なによりヘアアレンジが苦手な私でも

簡単できてしまいます。

 

・編み込み

子供が喜ぶヘアタイルは

編み込みです。

 

編み込みはちょっと難易度が高いように感じますよね。

しかし意外と何回か練習するごとに、

だんだんと上達していきます。

 

私は女の子の髪型をアレンジするなんて、

絶対無理!!と思っていましたが、

娘に編み込みをねだられて

何度かやるうちに上達しましたよ♪

 

不器用なママさんにも

一度試してもらいたいです。

 

・お団子ヘア

子供が喜ぶヘアスタイルはお団子ヘアです。

お団子は前髪も後ろの髪の毛と同じように伸ばして、

全部まとめて大きなお団子ヘアをするのももちろん、

前髪はぱっつんで大きなお団子ヘアを作るというのも

おしゃれですよね♪

 

私も娘も時間がないときの

ヘアスタイルはお団子で済ませています。

 

まとめ

子供におすすめの可愛いヘアスタイルをご紹介しました。

中には親子でお揃いにできるヘアスタイルもあるので、

ぜひ美容院代を節約しながら

親子で可愛いいヘアスタイルにしてみてくださいね♪

あわせて読みたい

子育て記事特集!
お子さんの髪型から名前まで、 それこそ生まれる前から難しい期間まで、 子育てに関する記事をまとめました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました