女の子のお祝い!ひな祭りの由来と正しいお祝い方法を知ろう

季節
スポンサードリンク

まちのあちこちに、ひな人形が飾られると、

春の訪れを感じる人も多いのではないでしょうか

 

生活スタイルの変化で、豪華なひな人形を見る機会が

少なくなりました。

 

ひな祭りの本当の意味は?お祝いの方法などを

ご紹介いたします。

桃の節句のひな祭りにひな人形や桃の花を飾る意味を正しく知ろう

ひな祭りは、女の子の元気な成長をお祝いする日です。

・ひな人形を飾る。

・ちらし寿司やハマグリのお吸い物

・ひなあられや、ひしもちをお供えする

 

などが主にすることです。

 

3月3日のひな祭りは「桃の節句」と呼ばれますが、

「節句」とは季節の変わり目のことであり、

もともとは、中国から伝来したものでした。

 

※現在でも中国では4大節句といわれている

・春節(2月初旬の旧正月)

・清明節(4月初旬のお盆)、

・端午節(6月初旬の屈原追悼供養)、

・中秋節(9月初旬のお月見)

 

※日本で節句と言うとこの5つ

・人日(1月7日)

・上巳(3月3日)

・端午(5月5日)

・七夕(7月7日)

・重陽(9月9日)

陰陽五行では、奇数を陽数、偶数を陰数といい、

陽数が重なる日、つまり奇数が連なる日を「忌み日」

として行事を行う習慣があります。

 

中国の節句は、季節ごとのお祭りという感覚。

日本の節句は、「縁起が悪い日」とされ、

悪いことが起きませんようにと、

雛人形にけがれを背負わす行事。

 

白酒と菱餅は、身代わりになる雛人形の報酬と言われています。

 

江戸時代の中期頃から、今の形に定着したという説です。

 

桃は魔除け効果があるとされ、日本の神話にも登場。

桃の枝だけでなく、実にもその効果があると言われています。

 

種は女性の漢方薬として、広く用いられていたりもします。

ひな祭りを家族で楽しみたいならココ!茨城の真壁のひな祭りがおすすめ

以前のように、5段飾りや、7段飾りといった

豪華な雛人形を見る事が少なくなりましたが、

ひな祭りが飾られるシーズンになると「茨城県の真壁」では、

街のあちこちでひな人形を見ることができます。

 

「真壁のひなまつりはスゴイ!」茨城県民なら

口々にそう答えます。

 

真壁のひなまつりの始まりは平成14年。

「真壁に来てくれる人にもてなしをしたいが、何があるか?」

と、ひな人形を飾るようになりました。

はじめは有志だけで、40軒ほどだったのが、

5年目には160軒に到達。

名物行事に成長しました。

 

現在、パンフレットに記載された数は約200軒。

ひなまつり会場は3分の1見るだけで、

3時間ほどかかりとか言われています。

 

では次に真壁を訪れたら、

見逃してほしくない注目スポットのご紹介です。

 

★注目の展示、特にスゴイと感じた展示
==========================

▼石田金物店のつるし雛と押し絵
——————————

真壁の方々も口々に

「あそこはすごい」とうわさの石田金物店。

 

つるし雛が色鮮やかで、とてもきれいです。

形もきれいなのには、驚きですよ。

 

華や動物、人形など種類も豊富に展示されていて楽しいです。

目を引くのが、着色した布を重ね合わせて作られた押し絵です。

 

▼佐藤寝具店の甲冑(かっちゅう)と手作り雛
——————————

佐藤寝具店は甲冑(かっちゅう)を飾っています。

これがまた見事です。

 

甲冑(かっちゅう)とは、戦士が身や頭につけた

防具(防備の武具)よろいかぶとのこと。

茨城新聞でも取り上げらた『ねずみの嫁入り』は

可愛らしいと人気です。

▼髪床細島と池田字彫工業
—————————-

お雛さまと一緒に手作り雛(きつねの嫁入り)が展示されています。

 

猫を模したお雛様が飾られています。

お雛さまの背景は、確かに石材で作られています。

お雛さまも石材でしょうか?

■その他の注目ポイント
============
★切り絵が飾られている
———————

桃の節句に合わせて、切り絵があることに気が付きます。

大和町のムラカミ書店にお話を伺うと

“切り絵でまちおこしをしようと思っている”と答えてくれました。

 

すぐそばの学習塾の先生が、みなさんに教えているそう。

★すいとん
————

ふるかわ食堂のすいとんは、

「けんちん汁に丸めたうどんを入れたようなもの」

季節限定でメニューに加わります。

 

お店によって色々な種類のすいとんがあり、

食べ歩いてみるのも楽しそうです。

まとめ

茨城の真壁のひな祭り、

町のあちこちにいろいろな雛人形が見られ

人々を魅了します。

 

小さなお子さんやお孫さんと一緒に楽しんでみるのも

良いかと思います。

 

ぜひ機会があれば、訪れてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました