ひな祭りの由来は難しい?子どもにも簡単にわかるように説明しよう

季節
スポンサードリンク

ひな祭りは日本人にとって、ポピュラーな行事ですが

ひな祭りの由来を知っていますか?

 

詳しくは知らない方も多いんじゃないでしょうか?

 

伝統的な行事ですので、やはり子どもにも受け継いでいってほしいものです。

ひな祭りの由来を分かりやすく、ご説明いたします。

ひな祭りとは?

そもそもひな祭りとは、「上巳の節会(じょうしのせつえ)」といって

自分の悪いところを、人形になでつけて

川に流して、厄払いをすることと

ひいな遊びといって、いわゆる人形遊びが合わさったのが、

ひな祭りの由来なんです。

 

身代わりなんですね…。

 

これらを、子どもに伝えると少し怖い印象になってしまうので、

「ひな祭りにひな人形を飾るのは、

元気で幸せになれますようにとお願いしているんだよ。」

 

「お雛様は元気にいられるように見守ってくれているんだよ。」

 

などと、柔らかい表現にしてあげると、

怖い印象を持たずに、理解してくれるはずです。

ひな祭りの由来は食べ物で説明しよう!レシピと意味を合わせて知ろう

 

実は、ひな祭りに食べるものにも、ちゃんと意味があるんです。

 

レシピと合わせて、ご説明いたします。

〇蛤のお吸い物
レシピはこちら→https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1770021068/

蛤は初めから対になっていた貝じゃないと

絶対に合わさることがないといわれており、

そんなことから、

「娘がステキな男性と出会い、幸せに暮らせるように」という

願いがこめられています。

〇菱餅
レシピはこちら→https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1000002064/

菱餅は中国から伝わった風習で、

元々は母子草(ははこぐさ)という葉で作られた草餅でした。

 

ですが、‘母子をついて餅にする’というのが

日本人には受け入れられず、ヨモギを使うようになったそうです。

 

今の形になったのは、江戸時代からで、

赤…魔除け
白…清浄
緑…健康

という意味があるそうです。

〇ひなあられ
レシピはこちら→https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1390034339/

貴族の娘たちが、人形に春の景色を見せる

「雛の国見せ」というものがあり、

そのときに食べていたのが、ひなあられだったようです。

 

こんな歴史を持つひなあられ。

 

関東と関西では違うようで、

関東…ポン菓子を砂糖で甘くしたもの
関西…餅を揚げ、塩や砂糖醤油で味付けしたもの

だそうです。地域によって、全然違いますね。

子どもと一緒に作れる!ひな祭りの献立からひな祭りの由来を説明しよう

〇ちらし寿司ケーキ
レシピはこちら→https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1620020720/
諸説ありますが、平安時代、桃の節句に

彩り豊かな具材をのせた「なれ寿司」というものを

食べていたそうで、

そこから現代に至るまでに、

より彩り豊かにと進化を遂げて、

ちらし寿司に行きついたわけです。

 

のっている具材にも意味があって、

えび…腰がまがるまで長生きできますように
豆…健康でマメに働く
れんこん…先が見通せるように

と、それぞれにちゃんといた意味があるんですね。

〇カップちらし寿司
レシピはこちら→https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1740008950/

これらのレシピにあるように、ケーキ型にしてみたり

カップに入れてみたりと

子どもと一緒にデコレーションを楽しみながら

由来を伝えていくのは、いかがでしょうか?

まとめ

ひな祭りの由来について、ご説明いたしました。

 

やはり子どもが理解できるような言葉を選んで

説明するのはなかなか難しいですね。

 

ですが、ご説明した中にあったように

一緒にひな祭りのごはんを作りながら説明すると

子どもも楽しく理解してくれると思いますので

ぜひ試してみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました