バレンタインデー歴史!その起源は結婚禁止令から?!ローマにおける結婚事情

季節
スポンサードリンク

2月14日は街全体がピンクに染まるバレンタインデー。

一体、バレンタインデーとは何なのでしょうか?!

実は、「結婚禁止令」がその起源だったとか…?!

古代ローマの結婚禁止令とは何なのか…。

バレンタインデーの起源に迫って見ました。

バレンタインデーの起源は結婚禁止令?!愛の日となったわけは?

バレンタインデーの歴史を遡ること古代ローマの時代。

この頃のローマでは、2月14日、15日にルペカリアの祭りが行われていました。

そこでは、くじ引きが行われており、

男女を引きあわせるものでした。

 

引き合わされた男女は1年間パートナーとして生活し、

やがて恋に落ちて結婚する人も。

 

そうすると、家族や恋人が愛おしい若い男性は、

だんだんと戦争に行かなくなってしまったのです。

それを知ったローマ皇帝は結婚を禁止したのです。

 

そう、その時に出されたのが「結婚禁止令」だったのです!

全くひどい話ですね。

 

結婚禁止令が出され、結婚できない男性をかわいそうに思った

キリスト教司祭の「ウァレンティヌス」という人物。

この人物がのちにキーパーソンとなるわけですが…。

この人物がこっそりと結婚式をあげさせていたのです。

 

そのことが皇帝にバレてしまい、怒った皇帝は

ウァレンティヌスを処刑してしまったのです。

2月14日のことでした。

愛を守ろうとしたこの人物。

やがて、「聖バレンタイン」と呼ばれるようになり、

国民からお祈りされるようになりました。

 

愛を守ろうとした人物が処刑された日なので

恋人の愛の日となったのではないでしょうか?

バレンタインデーの歴史!聖バレンタインってどんな人だった?

聖バレンタイン、ウァレンティヌスの人物像は、

実は1人の人間ではないようです。

 

モデルとなった人物は3人。

 

その3人の人物のイメージが重なり合ったものだと

考えられます。

 

各地によって、

聖バレンタインの伝承は少しずつ異なっています。

 

その中の有力説の1つとして、

「恋愛の守護聖人」となっています。

 

人を愛することを禁じられた古代ローマ。

また、キリストがまだ認められていなかった古代ローマで、

愛とキリストを守ろうとしたウァレンティヌスは、

恋人たちからもキリスト教からも神のように崇められています。

 

いかがでしたか?

恋人が気合を入れる一大イベント、バレンタインデー。

何と、その起源は結婚禁止令だったようですね。

しれば知るほど奥が深いバレンタインデー。

みなさんの愛もより深まりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました