本当にお得?!スマホ決済のメリットとデメリット!自分に合ったアプリの選び方は?!

スマホ
スポンサードリンク

みなさん、スマホ決済とは何か、ご存知でしょうか?

スマホが普及した現代では、かなりたくさんの

スマホ決済が存在しています。

 

決済をした後に、ポイントによって決済の一部が還元されるものもあり、

お得にお買い物などができます。

 

今回は、そんなお得なスマホ決済についてご紹介いたします!

スポンサードリンク

スマホ決済だからお得?!スマホ決済のメリットとお得な利用方法!

そもそも、スマホ決済とは何なのでしょうか。

スマホで支払いや決済ができるサービスです。

レジにスマホをかざしたり、コードを読み込むことで決済できます。

 

消費税の増税に伴い、〇〇Payというのが増えています。

Payというのはコード決済と呼ばれているものです。

 

Payを使うために、まずは〇〇Payのアプリをダウンロードし、

支払い口座を登録します。

 

ここで、アプリを選ぶときのポイントです。

① ポイントの還元率

② 使えるお店の多さ

の二点をよくみておきましょう。

 

ポイントの還元率はかなり重要ですね。

還元率によってお得さが大きく変わってきます。

また、使えるお店が少なく、Payで決済できないとなれば本末転倒なので

使えるお店もチェックしておきましょう。

 

Payのアプリでは、ポイント還元のキャンペーンを実施することもあります。

通常、0.5%~1%の還元率ですが、キャンペーン期間になると

最大20%も還元してくれるアプリもあります。

 

また、Payの支払いをクレジットカードを通して行うと

クレッジトカードのポイントもダブルで貯めることができます。

 

これもまたかなりお得ですよね。

しかし、こんなに便利でお得なスマホ決済にも実は

デメリットが存在するのです。

スポンサードリンク

スマホ決済にデメリットはないの?アプリ別メリットとデメリット一覧!

スマホ決済は、

「会計がスムーズで良い」「ポイントが還元されて良い」などと
プラス意見が多い反面、

「店によって使えるカードが違う」「カードの紛失が心配」

「チャージが面倒」などとマイナス意見も多数聞こえます。

 

今回は、3つのPayアプリに絞って比較してみました。

 

PayPay

ポイント還元率は最大3%と、大手なだけあり還元率が高めです。

しかし、還元率が3%になるのは

PayPay残高で、またはYahoo!JAPANカードを新規で申し込む、

の決済方法をしなければならないということです。

 

LINE Pay

ポイント還元率は0.5~2%と少し幅があります。

約80種類の銀行口座に対応しており、使いやすいと思います。

しかし、メッセージアプリLINEで提供されているので

LINEが乗っ取られてしまった時なんかは少し心配ですね。

 

楽ペイ

こちらのポイント還元率は通常0.5%です。

チャージは楽天クレジットカード、楽天ポイント、楽天キャッシュのみ

対応しており、銀行口座には未対応です。

楽天ユーザーには嬉しいサービスですが

楽天ユーザーでない方には少し使いにくいかもしれません。

 

以上、大手3社を比較させていただきました。

 

いかがだったでしょうか。

今ではどこでも〇〇Payが注目される時代になりました。

上手に使いこなせれば便利でお得ですよね。

 

これからスマホ決済をしてみようという方は

ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました