子供らしい髪型の定番!ボブスタイルで可愛いさアップ!!

未分類

スポンサードリンク

子供のロングヘアをばっさりカットするのって

親も子供も中々勇気がいることで

楽しみとともにドキドキします。

 

カットしたら伸ばすまでに時間がかかりますし

失敗しても元に戻すことができないので

絶対に失敗は避けたいですよね。

 

こちらではそんなあなたに

子供のカットで工夫してほしいことやポイントなどを

ご紹介していきます。

子供らしい髪型のポイント!女の子は前髪をちょっと工夫!!

・カット後の仕上がりを明確にイメージしておく

カットする前に、カット後の仕上がりを

明確にイメージしておきましょう。

 

というのも、なりたい印象によって

肩くらいのボブにするのか

ショートボブにするのか

大きく変わってきます。

 

また、美容院で切ってもらう際にも

「ボブにしてください」

と一言伝えるだけの注文方法ですと

 

思っていたよりも長くor短く

なってしまうことがあります。

 

なのであらかじめネットの画像や

ヘアカタログを用意して

店員さんに画像で髪型の印象を伝えましょう。

 

・前髪は顔の印象を大きく変える

前髪は顔の印象を大きく変えます。

個性が出やすい部分ということですね。

 

前髪を作るとしても

ぱっつんなのか左分けなのか右訳なのか

眉上なのか目の上ギリギリなのか

色々ありますよね。

 

最近の子供はませているので

センター分けやワンレングス、

韓流ブームで日本でもはやり始めた透け感のある

シースルーバングなんかも

憧れると思います。

 

しっかりと前髪についても

親子で意見のすり合わせをしておきましょう。

 

・おすすめはボブスタイル

子供の髪型でおすすめのスタイルはボブです!

 

ボブとは一般的には長さは肩くらいで

全体的に丸みのある髪型のことです。

 

伸びてきたら適度に毛先が跳ねて

おしゃれ感もあり、可愛さも抜群にあります。

 

大人から子供まで似あう髪形ですので

親子でお揃いにしている人もいます。

子供の髪型に悩んでもとりあえずショートカットがNGな理由とは?

・無難だからこそ難しい

ショートカットは無難な髪型だからこそ、

子供の髪型に取り入れるのは難しいんです。

 

髪型は色々あるので

「もうショートにするか!」

となることは多いと思うのですが

 

ショートはパーマやカラーをしてこそ活きる髪型です。

 

一時的にエクステを付けたり

スポンサードリンク
 

巻いたりすることはもちろんできますが

子供にはパーマやカラーはまだ早いですよね…。

 

そのため、そういった部分も理解したうえで

あえてショートを選ぶならいいと思うのですが

とりあえずでショートはおすすめできないです。

 

・髪が細い場合にはぺたんとなってしまう

ショートは、髪の毛が細かったり

少なかったりするとぺたんとなってしまって

可愛さが半減します。

 

特に子供の髪の毛というのは

細くて薄いことが多いですよね。

 

しっかりした髪質の子なら

そんなことはないかもしれませんが

髪質は少なくて薄めの子をショートにするときは

よく考えてあげてくださいね。

まとめ

子供のカットで工夫してほしいことやポイントなどを

ご紹介しました。

 

子供におすすめの髪型はボブで、

前髪で個性が出やすいので

カットする前にカット後のイメージを親子で

すり合わせておきましょう。

 

とりあえずでショートカットにするのは

おすすめできません。

ぜひ納得のいく髪型を見つけてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました