ひな人形はいつから飾るようになった?ひな祭りの意味と由来は?

季節
スポンサードリンク

毎年3月3日はひな祭り、と決まっていますが、

このひな祭りとはいつ頃から行われてきたのでしょうか?

 

そしてそもそもの由来や本当の意味とは?

今日はそのことを解説していこうと思います。

スポンサードリンク

ひな祭りの始まりは厄落とし?ひな人形を禊に使っていた理由とは?

ひな祭りの起源からご紹介いたします。

 

“節句”は、年間に5回もあり、3月3日は上巳の節句と呼ばれます。

 

※1月7日(人日の節句)

3月3日(上巳の節句)

5月5日(端午の節句)

7月7日(七夕の節句)

9月9日(重陽の節句・菊の節句)

の計5回です。

 

奇数が重なる日は邪気を払うことができる、

とされ上巳の節句も

厄払いが起源です。

 

“上巳の節句(3月3日)”は、中国より伝わった節句で、

3月の初めの巳の日に、水に入り禊(みそぎ)をして厄を落としていましたが、

わらや紙で人形を作り、 自分の体をなでて

けがれを移して川に流すという行事に変化したそうです。

 

もう一つは、貴族の女子が神の人形を使った遊びで

現代でいう「ままごと」と同じようなものが流行っていました。

その遊びを“ひいな遊び”と呼ばれています。

 

“流し雛”誕生の原点と言われています。

 

そして、江戸時代頃から、人形作りの技術に向上により、

人形を川に流すのではなく、 家で飾るようになったのが

“ひな祭りの由来”だそうです。

 

●お雛様を飾る時期

ひな祭りは毎年3月3日に行われます。

 

立春(節分の翌日で2月4日頃)から、

2月中旬にかけてが良いとされています。

厄払いの意味合いを 持っているので、前日から飾るのではなく、

遅くても、3月3日より1週間前までには、

飾り終えておいた方がいいでしょう。

 

※旧暦の3月3日が新暦の4月3日頃に当たるから、

4月3日まで飾る地域もあるそうです。

スポンサードリンク

実は住む地域によって違う!?ひな祭りのお祝いの仕方を知っておこう

日本では各地域によって、

ひな祭りのお祝いの仕方が違います。

それぞれ地域ごとに、ご紹介いたします。

 

●北海道・東北・関東地方

北海道では、雪の残る3月3日に三月節句を行います。

 

青森県では旧暦の3月3日ころに、

「山遊び」や「磯遊び」に代わって、

子供たちが浜辺で蟹や貝をとったり、煮炊きをしたり

「浜遊び」をしたりする地域もあります。

 

山形県最上郡では「山の神の勧進」が現在も盛んです。

これは、子供たちが主役を務めて、

山の神に花見をさせる、というもの。

 

「春になると山の神が里に降りてくる」という言い伝えから生まれた行事です。

現在では4月3日に開かれています。

 

●北陸・甲信・東海・近畿地方

石川県では、これまで、月遅れの3月節句でしたが、

最近では新暦に行うことが増えてきたようです。

 

新潟県では、「山遊び」を「山遊山」

和歌山県では、「磯遊び」のことを「浜遊び」と呼んで

それぞれ行事を行っています

 

山梨県では、子供たちが、重箱を持って山へ遊びに行く行事。

 

長野県の一部の地域では、川のほとりにムシロを敷いて、

五目飯などを食べながら、一日遊ぶ習慣があります。

愛知県三河地方では、子供たちが家々をまわり、

「おひなさまを見せて」と言ってお菓子をもらう「がんどうち」という行事。

 

なんかハロインみたいで面白そうですね。

 

●中国・四国地方

鳥取県、島根県では、3月節句が新暦に行われます

 

島根県隠岐地方では、ひな祭りの祝い膳に、

お供え物として、白の平餅とヨモギの菱形の餅を作るのが伝統。

島根県益田市では、桜が咲く時期と重なるため、花見とひな祭りを同時に行う

習慣があるようです。

鳥取県の千代川流域、岡山県笠岡市では、「流しひな」が行われています。

岡山県の吉備高原から中国山地にかけてこの時期は「山遊び」が盛んです。

花見の料理は、タニシの煮つけを重箱に詰めて持って行きます。

県内では「ひなあらし」と呼ばれ、お互いの家をまわり、

ひな段の前でお菓子やご馳走を食べるという行事です。

 

四国の徳島県海部郡などでは「磯遊び」が慣例です。

 

以前は、旧暦3月3日の大潮の頃、浜でとれたものを煮炊きし持っていきましたが、

現在では、弁当に代わり、時期も4月3日に変更になっています。

 

●九州・沖縄地方

佐賀県では旧暦に花見を行い、「磯遊び」をしてひな祭りのお祝いをします。

(呼び名をせっくいそと言います)、

これは、鹿児島県姶良郡では「浜でばい」と呼び、4月に山や海に出かける習慣があります。

 

奄美大島や沖縄県には、ひな祭りのこの日、

皆で「海のものを食べる」と決まって

いるそうです。

 

沖縄県では旧暦の3月3日、にお祝いをします。

「はまうり(浜下り)」のときに、重箱料理を持参して浜で海産物をとって、食事を楽しみます。

本来は「海水で禊を行う」という意味から、こうした海産物を獲って

食べる習慣があり、現在でも平安座島ではとくに盛大です。

 

家々で仏壇や火の神に健康祈願を行う習慣もあり、

祓いの意味で、を持つ「ふ-ちば-む-ち-(よもぎ餅)」をつくるしきたりがあります。

スポンサードリンク

まとめ

ひな祭りが、厄落としの行事だったとは知りませんでした。

 

本文でも説明しましたが、愛知県三河地方の子供たちが家々をまわり・・・。

“日本にも「ハロイン」に似た行事があるものだな~”と感心しました。

こうしてみると、地域によりさまざまなひな祭りの行事があるものですね。

 

全国のひな祭りのお祝いの仕方も、その地域の特徴があってとても楽しそうです。

 

行事の仕方は違っても、産まれてきた女の子の

「健康と将来のを祈願する」ところは、一緒です。

ひな祭りをキッカケにして、親子の絆を一層深めるようにしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました