イオンは正しかった!マスクに風邪の予防効果はあるのか?簡単解説!

スポンサードリンク

イオンが、店員のマスク着用を原則禁止としました。

これに対し、ほとんどの方が反対の声をあげています。

しかし、その話の中には間違いや嘘が散見されるのが現状です。

今回はマスクの予防効果と、今回のマスク禁止が妥当か否かをまとめました。

スポンサードリンク

マスクの予防効果は限定的

まず、結論から書きます。

マスクの着用が禁止されても、店員さんが病気になりやすくはなりません。

 

正確には「ほとんど」といえますが、

ごく少ないクレームへの対処だったとしても、

禁止に衛生面・従業員の労働環境面での

マイナスの影響はないと断言できるほどに感染率には影響が出ません。

 

風邪の予防以外の理由でマスクを外したくないなどの

副次的理由のケアに注力すべきほどに、予防効果は薄いのです。

 

店員さんが感染している場合に、お客様にうつさないためには必要ですが、

こちらは着用が許されることが公表されているので問題ないでしょう。

 

イオンの判断は、従業員の罹患リスクをあまり上げずに

一部顧客の忌避感を回避する施策と判断できます。

 

この話を聞いて、マスクが風邪の予防になると

確固たる自信を持っておられる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、ここからはマスクの予防効果についてまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

そもそも飛ばない風邪菌

まず、マスクを着用する場合の利点として多くの方が想像するのが、

風邪菌を体に取り込まないことでしょう。

 

しかし、通常風邪菌は咳などの飛沫内からほとんど飛び出ることはありません。

医学的な解説においても、一般にイメージされるような

「風邪菌が空間にふわふわ浮いている」というのは非現実的と指摘されています。

 

つまり、マスクをしていなくとも、風邪菌をバンバン吸い込むことは無いのです。

 

事実、予防用のマスクを多用するのは日本のみと言われていますが、

日本での風邪の罹患率が低いというデータはありません。

 

販売担当の従業員がマスクするのが当たり前という程に衛生的に進んでいるはずの日本が、

なぜあるはずなら立派なデータを残していないのでしょうか。

理由は単純で、マスクに予防効果が殆どないからです。

 

逆にいえば、咳を直接浴びる場合は口から吸い込む可能性が格段に上がるため、

ようやく予防効果が現れてきます。

病人の看病中や病院内でのマスク着用が推奨される理由ですね。

 

万が一にも風邪をひけない場合、

お客様の咳を浴びた場合でも安全なようにマスクを付けることに意味はあります。

しかし、そんな状況のほうが異常であることは間違いないでしょう。

風邪を引いて休めるくらいの余裕が欲しいものです。

先述の「風邪を引いている場合のマスク着用可」という規則も、

有名無実化、あるいは風邪の回復後に念のために運用されるような状況になるのが最善と思います。

 

病気を顧客に移すリスクを侵すぐらいなら、

販売スタッフは体調不良時出勤禁止の社内規定を定めるほうが適切です。

今回の例外規定は、軽い風邪ならマスクして出勤しろと、暗に指示しているようなものですからね。

マスク着用とは別の問題が見えてきましたが、

実はマスクにも別の問題から守ってくれるという事実もあります。

スポンサードリンク

乾燥を防ぐ効果は期待できる

マスクを着用するもう一つの理由に、喉の乾燥を防ぐというものがあります。

これに関しては、効果があると言われています。

 

人間の呼気は、ある程度の湿度を持っています。

通常であれば霧散しつつ落ちていくこの湿気ですが、

マスク着用時は中に残るため、吸い込む空気にまじります。

 

このため、冬の乾燥対策には相応の効果を発揮します。

 

マスクの風邪の予防効果は、

乾燥による風邪を予防する効果のほうが、

風邪菌の吸入を避ける効果より遥かに高いとされています。

 

マスクによる予防効果を実感されている多くの方は、

外出時の乾燥対策に力を入れることで、

風邪を引く可能性は下げたまま、

後述するマスクの問題点を回避できることになります。

 

イオンの店内においても、乾燥しすぎないよう対策されていることが求められます。

逆にいえば、イオンの店内が常に異様な乾燥状態にある場合、

今回の措置は間違っているということになりますね。

スポンサードリンク

マスクには「風邪を引いている」というサインの効果も

すでに述べたとおり、風邪の予防効果は期待できないマスク。

逆に、風邪を引いている人が他人に移してしまうリスクは大きく抑えることが可能です。

 

昔から風邪を引いたらマスクを付けるのが一般的でしたが、

これは今でも理にかなっていると言えます。

 

先述の通り、咳がかかってしまうと飛沫感染のリスクが発生します。

マスクは咳をほとんど抑え込むため、

きっちり感染を予防することができるのです。

 

逆にいえば、本来マスクをしているということは、

自分は風邪にかかっていますとアピールすることと同義です。

 

健康な状態でマスクを着用することのリスクは、ここにあります。

今の日本ではあまり意味がなくなりつつありますが、

本来マスクは周囲の人に、

「風邪を引いているのでご注意ください」という旨を伝達するシグナルの役目も果たしていました。

これは日本国外では未だに有効な他、

今回のクレームの中にもこの感覚を未だに有している日本の方もいるでしょう。

そのような方々にとって、

店員が皆マスクを付けている店は「病原菌の温床」に見えます。

 

イオンがマスク着用を禁止した理由が、少し見えた気がしますね。

あなたは店員がことごとく「風邪ひきです」とアピールする店舗に行きたいですか?

 

単純に結論づけることは出来ませんが、

イオンの判断は医学的にも、顧客心理的にもプラスのものと言えます。

どうか民間療法の蔓延で一億総感冒状態にある日本社会に、

少しでも改善の兆しが灯りますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました