ハサミで捕獲?!気になるハサミムシの餌事情!実は彼らは〇〇食だった?!

未分類
スポンサードリンク

みなさんは、虫を飼育したことがありますか?

また、飼育してみたいと思ったことはありますか?

 

ハサミムシの飼育って、飼育環境であったり餌であったり

なんだか難しそうですよね?

 

今回は、そんな謎めいたハサミムシの飼育について

ご紹介していきたいと思います!

ハサミがかっこいい!そんなあなたにハサミムシの飼い方を伝授!

ハサミムシはなんといっても、

お尻の部分についている硬いハサミがかっこいいですよね。

 

しかし、ハサミがあること以外は謎が多いハサミムシです。

そんなハサミムシの飼育方法を、

これを読んでいるあなたに

伝授していきたいと思います!

 

ハサミムシの飼育はそんなに難しくはありません。

 

飼育に用意するものはこちらです。

 

・昆虫ケース、または水槽

・腐葉土

・落ち葉

・石、レンガのかけら、朽ち木

・霧吹き

・蛾やダンゴムシなどの小昆虫類

 

これだけです!!

昆虫類以外は百円ショップでも揃えることができそうです。

 

まず、昆虫ケース、または水槽に腐葉土を敷き詰め、

そこに石やレンガなどを置きます。

 

それから落ち葉と餌となる小昆虫類を入れて完成です。

 

ハサミムシは風通しが良く、多湿な環境が好きなので

定期的に霧吹きで湿らせるようにしましょう。

 

たったのこれだけの過程でハサミムシが飼えちゃうんです!

簡単ですね⭐️

 

もしも、ハサミムシを繁殖させたい場合はオスとメスと

一匹ずつ入れるようにしましょう。

これで大丈夫!ハサミムシの特徴!これで飼うも逃すもあなた次第!

ハサミムシの特徴を紹介していきます。

 

ハサミムシは主に、

本州、四国、九州、南西諸島の温かい地域に生息しており、

活動時期も4月から10月ですので、

寒さが苦手なようですね。

 

お尻についているハサミですが、実は

餌を締め上げるよりも威嚇に使うことの方が多いのです。

意外ですね。

 

野生のハサミムシが、害虫と思われる原因なのですが、

ゴミ捨て場などに現れる小昆虫類を捕食しているため、

害虫と思われてしまいます。

しかし、ハサミムシはゴミによってくる害虫を

捕食しているだけなのです。

これもまた、意外でした。

 

それから、植物も食べるので、

ハサミムシは雑食性と言えるでしょう。

 

ハサミムシの天敵は、爬虫類や鳥類です。

また、蜘蛛やハチにも

捕食される場合があるので気を付けましょう。

 

いかがだったでしょうか。

ハサミムシの飼育が意外と簡単であることが

伝わったと思います。

 

これを機に、ぜひハサミムシを飼育してみませんか?

きっとあなたの可愛いペットになってくれますよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました