WhiteDayじゃ通じない⁉ホワイトデーって英語でなんていう?

季節
スポンサードリンク

日本ではおなじみのイベント、ホワイトデー。

2月14日のバレンタインデーは世界的に知られたイベントですが、

3月14日のホワイトデーは、実は日本で生まれた風習なのです。

 

昭和40年代にお菓子業界が、売り上げアップのために提案したのが始まりです。

1978年に、全国飴菓子工業協同組合がホワイトデーを制定しました。

 

日本独自の風習なので、英語でも【White Day】と言います。

 

ただし、外国の方はこの【White Day】が、

何をする日なのかを知らない方が多いので、説明が必要ですね。

スポンサードリンク

外国人には理解されにくい⁉ホワイトデーのお返しは日本だけの習慣?

日本では、バレンタインデーは女性が男性に

チョコレートを贈るという風習になっていますが、

欧米では違います。

 

欧米では男性も女性も、

恋人や親しい人にお花やケーキなど

いろいろな贈り物を贈ります。

 

なので、ホワイトデーにお返しをするという風習はありません。

 

ちなみに日本の、バレンタインデーに

チョコレートを贈るという風習も、

お菓子業界が売り上げアップのために始めたと言われています。

スポンサードリンク

ホワイトデーとお返しの風習を英語で!そのまま使える例文!

ホワイトデーは日本ならではの風習という事で、

外国の方には【WhiteDay】と言っても、

何をする日なのか、理解されません。

 

なので、外国の方にホワイトデーを説明するための、

英語の例文をご紹介いたします。

 

・White day is a day to return gifts to those they received chocolates from on Valentine’s day.

(ホワイトデーはバレンタインデーにチョコレートをもらったお返しに、

男性から女性にプレゼントを贈る日です)

 

・It used to be standard to give biscuits, marshmallows and candies back when white day started, but gifts these days vary.

(ホワイトデーが始まった当初は、ビスケットやマシュマロ、

キャンディなどを贈るのが定番でしたが、

今はいろいろなプレゼントが贈られています。)

 

このような説明で、外国の方は日本のホワイトデーの習慣を

理解してくれると思います。

 

この例文をぜひ活用して、外国の方にホワイトデーを

説明してみてください。

スポンサードリンク

まとめ

ホワイトデーを、外国の方に説明するための

知識や例文をご紹介いたしました。

 

日本ならではの風習を外国の方に説明することは難しいですが、

説明力や、英語力、コミュニケーション能力が試されて、

楽しくもありますね。

 

説明が通じれば、さらにコミュニケーションを取ることが

楽しくなると思います。

 

あなたもこれを機会に、外国の方と

コミュニケーションを取る機会を作ってみましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました