ソメイヨシノを漢字で書くと染井吉野になるルーツと理由を調べてみた

季節
スポンサードリンク

3月になると、いよいよ桜が咲くシーズンですが、

一口に「桜」と言っても、いろいろ種類がありますよね。

 

ソメイヨシノが有名ですが、実はソメイヨシノは、

子孫を残す能力がないので、接木で増やす方法がとられます。

 

公害に弱く、病気にも侵されやすい品種なんだそうで、

1年を通して、管理していく必要があります。

 

今日は、このソメイヨシノについてまとめてみました。

スポンサードリンク

品種改良で生まれたソメイヨシノが全国に広がった理由を知ろう!

染井吉野が、江戸の終わりから明治にかけ、

人々に認められ広がった理由については

ソメイヨシノは丈夫で育てやすいからといわれています。

 

病気に弱い(天狗巣病など)という点を除けば、

桜の種類の中では、丈夫な種類ですし、

接木で増やす方法で比較的簡単に増えるのも広まった理由です。

 

基本的には育ちも早い、という点も気に入られたようです。

 

ただ、植えさえすれば、勝手に増えるものではなく、

一度桜が植わっていた場所では育ちません。

 

また大きな理由として、染井吉野を売り込んだ

プロモーターがいたと思われます。

以上、ソメイヨシノが広まった理由です。

学校で記念植樹される事が多い理由もよく分かりますね。

スポンサードリンク

もとは一つだった!?ソメイヨシノがクローンといわれる理由とは?

ソメイヨシノは「大島桜」と「江戸彼岸桜」を交配して

品種改良して生まれました。

 

元々は一つだった木が、

挿し木か接木で増やしたものなんです。

 

ルーツを探ると江戸時代末期に

染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木屋が

最初に開発したとされ

明治以降全国に広まったといわれています。

 

当初、染井吉野は『吉野山』にちなんで

「吉野桜」と命名されていましたが、

吉野山の桜は山桜で、

「吉野桜」の名は誤解されるということで、

藤野寄命博士が、「染井吉野(ソメイヨシノ)」<明治33年(1900年)>と命名。

 

ソメイヨシノは、1916年米国の植物学者ウィルソン氏によって、

「大島桜」と「江戸彼岸」雑種と発表されました。

これは、国立遺伝学研究所の竹中要氏がその後、

実験で証明しています。

 

毎年の開花時期は、気温によって、多少ずれますが、

花の個数が多いのも特徴で、10万個を超えるものもあります。

 

ソメイヨシノは、1つの芽から

6個の花が咲くと元気な木、

4~5個なら健康な木、

3個以下は元気のない木と評価されています。

 

山桜は葉が出てから花を咲かせるものですが、

葉より先に花が咲くのが、ソメイヨシノです。

 

クローンですから、同じスピードで咲きますし、

散る場合も一斉に散ってしまいます。

これがクローンの特徴なんですね。

 

どんなに近くに、どんなに密接していても、

ソメイヨシノ同士では実をつけません。

 

実をつけなければ種もない、子孫を残さないわけですが、

ソメイヨシノに実がなっているものがあるのは、

違う種類の桜とだったら実はできるので、きっと

種類の違う桜同士が交配したと思われます。

スポンサードリンク

まとめ

ソメイヨシノは、1900年に藤野寄命博士によって

吉野の桜と区別するために、

染井吉野と名付けられました。

 

1916年には、米国の植物学者ウィルソン氏によって、

「大島桜」と「江戸彼岸」雑種と発表され、後に

国立遺伝学研究所の竹中要氏が実験で

それを証明しました。

 

これで、クローンということが分かりましたが、

クローンだからこそ、一斉に咲いて一斉に散るのですね。

 

育ちも早く、接木で簡単に増え、

ソメイヨシノは花が美しい!

 

薄紅色のソメイヨシは多くの人を魅了するので、

全国に増えたのではないでしょうか!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました