日本の花ソメイヨシノが同じ時期に咲き始める理由はクローン化にある?

未分類
スポンサードリンク

毎年3月末になると天気予報で

「桜の開花予想」が発表になります。

 

桜の開花を楽しみにしている方も多いと思いますが、

同じ時期に咲き始めるのは理由があります。

 

また全国には桜の名所というのがたくさんありますが、

どのようにして増やして行ったのでしょうか?

 

また、ソメイヨシノは日本産なのか?

どのようにして誕生したのかについて、

そのルーツにも迫っていきたいと思います。

スポンサードリンク

ソメイヨシノは品種改良で作られていた!名付けの由来とは?

ソメイヨシノの誕生は、

江戸時代末期に江戸の郊外の「染井村(ソメイムラ)」

<現在の東京都豊島区駒込付近>

という場所の植木屋さんで売られたのが始まりです。

 

ソメイヨシノは「エドヒガン(江戸彼岸)」と

「オオシマザクラ(大島桜)」を交配させ

品種改良して作られました。

クローンですから、天然モノの桜ではありません。

 

ところで、ソメイヨシノは当初、

「吉野桜」と命名されていました。

その名前の由来ですが、

日本の桜の名所といわれる「吉野山のヤマザクラ」

から取ったと言われています。

 

時代は江戸から明治に移り、ソメイヨシノは、

手入れが簡単で、しかも美しく、

成長がとても早いと評判で、

全国各地で植えられるようになりました。

 

人に知られるようになったことから、

吉野山の桜と区別するために「染井村の吉野桜」を略して

「染井吉野」に改められました。

 

ちなみに奈良県の吉野山に咲くヤマザクラ「吉野桜」は

天然でソメイヨシノとはまったく別ものです。

スポンサードリンク

全国のソメイヨシノで同じDNAが検出された理由とルーツに迫る

日本全国にあるソメイヨシノや、

世界の各地にあるソメイヨシノは、

すべて『接ぎ木』など、人の手で増やしたものです。

 

『接ぎ木』というやり方は、増やしたい親木から「穂木」という枝を切りとって、

「台木」となるソメイヨシノの木につなぎ合わせ育てるやり方です。

やがて木が大き育ったら、また「穂木」を切り取りソメイヨシノの木につなぎ合わせる。

 

これを繰り返すわけですね。

 

それまで、桜の代名詞といわれたヤマザクラは、

成長するのに10年(高さ10メートル前後)はかかるのに対して

ソメイヨシノは、5年ほどで花見ができるほどのサイズに育つ。

 

花が大きく見栄えがいいし、成長が早いので、

“どこか花見の名所を作りたい”と思う側から言わせれば

好都合なのです。

 

こうして明治時代以降、ソメイヨシノが全国に普及しました。

 

●ソメイヨシノのルーツに迫る
—————————-

 

ソメイヨシノの研究は明治、大正、昭和、平成と

120年近く続いてきました。

 

▽明治時代は、原産地のわからない野生種説が有力でした。

この時代は、「野生の桜」についてよく研究されてなかった。

1901年(明治34年)に東京大学の松村任三博士が

ソメイヨシノの「プルヌス・エドエンシス」(Prunus yedoensis)学名を発表。

 

▽大正時代に入った1916年(大正5年)に、

アメリカの植物学者E・H・ウィルソン博士が、ソメイヨシノは

野生種のエドヒガンとオオシマザクラの雑種とする説を発表。

 

▽昭和になった1932年(昭和7年)、植物分類学の第一人者の

小泉源一・京都帝国大学教授によって「韓国・済州島起源説が提唱」されました。

これは、日本にあるソメイヨシノと同じソメイヨシノが

済州島でも発見されたことで、同博士が報告。

ソメイヨシノは、同島から日本に、

移入されたのではないかと推定された報告でした。

 

▽昭和も戦後、それまで学界でも有力視されていた「済州島起源説」が

1960年代に入ると見直されることになります。

 

1962年に国立遺伝学研究所(静岡県三島市)の竹中要博士は、

桜の人工交配実験や、花や葉の形態的特徴などから、ソメイヨシノは

エドヒガンとオオシマザクラの雑種と報告しています。

 

この人工交配実験で、国立遺伝学研究所の敷地内は、

現在では地元では知らない人がいないほど有名な桜の名所になっています。

 

▽平成ではDNA分析で裏づける研究に移りました。

先駆けとなったのは京都大学グループの研究(1996年)です。

このグループが目指した研究は、ソメイヨシノの父親(花粉を飛ばした個体)と

母親(受粉した雌しべを持つ個体)をDNA分析で推定するというもの。

研究によって、ソメイヨシノとエドヒガンの葉緑体DNAは一致するので、

エドヒガンが母親だということが分かりました。

 

▽2014年に森林総合研究所の研究グループも

ソメイヨシノのDNA分析を行い、分析の結果から

「ソメイヨシノはこれまで、エドヒガンとオオシマザクラの雑種と考えられてきたが、

オオシマザクラにヤマザクラが少し交ざったものと、エドヒガンから生まれたのでは」

と主張している。

 

研究グループの勝木俊雄博士は、

2016年12月に、国際植物分類学連合の発行する専門誌に、

ソメイヨシノなどの分類について整理した論文を発表した。

※勝木俊雄博士は、約25年にわたり桜の研究に取り組んでいる第一人者。

 

この論文では、済州島の現地調査と形態学的な検討した結果、学問的には

「ソメイヨシノとエイシュウザクラは別物」としています。

つまりソメイヨシノは純日本産であり、

まさに「日本の桜」だと発表いているのです。

スポンサードリンク

まとめ

桜といえば富士山とならんで、日本の代名詞ですよね。

海外で桜が咲いている光景を見るたびに日本人として誇りに思いますよ。

 

そういえば昨年大活躍した、ラグビー日本代表も桜のジャージでした。

入学式には桜を思い出しますし、桜の歌もあります。

ヒット曲もたくさんでていますよね。

 

またこの季節がやってきます。

お花見でお酒を楽しむ方も多いことでしょう。

 

1日でも長く桜を楽しみたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました