【グラブルVS】攻略第3回・攻撃はリーチを把握してから!

グラブルVS
スポンサードリンク

※画像はゲーム「グランブルーファンタジー ヴァーサス」より引用

こんにちは、グランブルファンタジーヴァーサス(グラブルVS)楽しめていますか?

私はキャラが決まらない中、色々と試行錯誤してプレイを進めています。

 

今回は攻略の第3回。

相手を攻撃するために初心者が絶対覚えておくべきことをまとめました。

 

前回の内容で、長く生き残れるようになったあなた。

今回はいよいよ攻撃する時に最初に考えるべき点をまとめます。

 

今回の内容をトレーニングモードで身につけて実践に挑めば、

これまでの何倍も戦いやすくなるはずです。

スポンサードリンク

攻撃のリーチを覚え、届く位置で攻撃する

初心者がよく苦労することになるのが、相手の攻撃が当たらないという現象です。

 

これは攻撃のリーチ(届く距離)を把握していないことで発生します。

 

ここで、対戦格闘ゲームで相手に攻撃を振る時のパターンをまとめておきます。

大きく分けると、相手に技を直接当てる、

動いてくる相手を意識して技をおいておく、

相手の技の空振りに自分の技で反撃するの3種類です。

 

これらは後者に行くほど高度な技となり、

腕前が上がるにつれて徐々にうまくなっていく要素です。

特に3つ目を考え始めると、一時的に勝率がガン下がりする可能性さえあるほどに難しいスキルです。

 

今あなたがするべきことは、最初の1つ目。

ヒットでもガードでもいいので、なるべく相手に攻撃を当てること。

 

必ず当てることは難しいですが、

それでも「当てる」意識を持つだけで攻撃の確実性が大きく変わります。

 

下手に上級者のテクニックを使おうとして頭が混乱するより、

必ず当てると考えて他のことはなるべく忘れたほうが勝ちへつながる動きをやりやすくなり、

更に考えることが減ることで防御に割ける脳の容量も増えます。

スポンサードリンク

例外・遠距離での飛び道具と設置技

攻撃を必ず当てると書きましたが、ここには明確な例外があります。

それは、遠距離での飛び道具、そして設置技です。

 

前者はレギンレイヴやマイティライド、

後者は足止めだ、ジジ!や隼落とし(落ちてくる部分)が該当します。

 

これらは当てること以外の目的も持つ技だからです。

前者は飛ばせて落とす・接近を防ぐ、

後者は設置技の攻撃判定で相手を足止めしたり、

防御を崩す目的で使用する場合があります。

 

この際に「必ず当てる」という意識を持ちすぎてしまうと、

狙い所を見いだせなくなってしまいかねません。

 

幸い飛び道具はかなり長い距離(大体画面端まで)を飛ぶため、

撃つ時に相手が地上にいてくれさえすれば、当てようとする目的は果たせます。

 

メーテラの空中版綺羅星のような斜め方向の飛び道具は、

飛んだ先に相手がいるかも知れないと思ったら撃って大丈夫です。

 

設置技は相手をダウンさせることができた時などに出し、

相手の動きにくい場所に設置することを意識しましょう。

 

特にランスロットのヴォーゲンシュトロームは、

設置技の要素もある程度兼ね備えた飛び道具のようです。

スポンサードリンク

トレモでリーチを確認しよう

 

攻撃を当てるために最初に必要な要素は、

攻撃の長さ、いわゆるリーチを知ることです。

 

届く距離で攻撃を振ることで空振りを減らし、きっちり相手に当てていくことが可能となります。

 

リーチの確認に最適なのが、トレーニングモードです。

この距離なら確実に当たる!という間合いを、

前後移動しつつ攻撃を振りながら覚えます。

 

最低でも各技ざっくりと、その後は時間を作ってじっくりと、

自分の愛用するキャラの攻撃を覚えていきましょう。

 

特に覚えるべきは

  • 遠距離中・強攻撃、
  • しゃがみ中・強攻撃、
  • 投げ
  • しゃがみ特殊攻撃(大抵のキャラでリーチの長い足払い)、
  • 必殺技

以上です。

これらの技が確実に当たる距離さえ覚えておけば、

実践で相手との間合いの取り合い、通称「差し合い」の土俵に上がれるようになります。

 

この時、攻撃のギリギリ当たる距離も確認しておくと後々便利です。

この、ギリギリ当たる距離を俗に「先端」と呼びます。

先端ならガードさせても反撃されないから先端を意識する……というような感じです。

 

先端や確実に当たる距離を覚えたら、次は実践です。

相手と距離をとって、前進して距離を詰めて攻撃を当てていきます。

この時は先端よりも、確実に当たる距離まで一歩踏み込むことを意識しましょう。

 

「その間合いじゃ 拳半分届かない」

なんてストリートファイターシリーズのリュウに言われる状況になっては、

せっかく覚えたリーチも活かせませんので。

スポンサードリンク

実際に戦ってみよう

ちょっと手間をかけて全部の技のリーチを把握したら、今度は実践です。

 

届く距離で攻撃を出し、最低でもガードさせることを意識しましょう。

 

間合いに入って更に近づいてきた相手に叩き込むのもいいです。

 

本作は遠距離攻撃を1発当てるだけでそれなりに体力を奪えるため、結構これだけでも勝負になります。

更に技をキャンセルして飛び道具のような距離が離れるアビリティを出せば、

ヒットしていればコンボ・ガードされていても比較的安全な攻撃が可能です。

 

適した技はキャラごとに違うので、実際の対戦で相手が多用してきたものを覚えておいたり、

自分で果敢に試したりして技を探しておきましょう。

スポンサードリンク

100回技を振ってからがスタートライン

第3回で、ついに攻撃も覚えました。

ここからは、無限に経験と知識を積んでいくフェーズが始まります。

第2回と第3回の内容を、同じくらいの腕前の対戦相手と実践し続けるだけで、

初級者レベルには到達可能だと思います。

 

第4段はいざ攻撃を当てた際に叩き込みたい「コンボ」の話です。

ぜひこちらからお読みください!

スポンサードリンク

合わせて読みたい

【グラブルVS】攻略第1回・まずはシステムを知ろう!
※画像はゲーム「グランブルーファンタジー ヴァーサス」より引用 いよいよ発売されたグランブルーファンタジーヴァーサス(グラブルVS)。 本サイトでも、特に今作が初の格闘ゲームというプレイヤー向けに解説をしていきたいと思います。 ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました