【グラブルVS】攻略第5回・投げとオーバーヘッドアタック連携で相手を崩そう

グラブルVS
スポンサードリンク

※画像はゲーム「グランブルーファンタジー ヴァーサス」より引用

 

いよいよグランブルーファンタジーヴァーサス攻略も第5回。

この記事を読めば、ついにあなたは本格的に相手との読み合いを開始できます。

今回からの内容は、初心者から初級者以上に上がる発展的な内容です。

わからないところ等あれば、ぜひコメントをください。

確認後に限り返信・記事等で返答いたします。

 

今回触れるのは投げとオーバーヘッドアタック。

これらを使うことで、守勢に回った相手を崩すことが可能なのです。

 

まずは、第4回の内容をきっちり覚えたか確認しておきましょう。

 

ガード・ヒット問わずある程度確実に必殺技まで出せるようになって、

初めてこの記事の内容が実践できるようになります。

スポンサードリンク

攻撃をガードされていたらオーバーヘッドアタックで揺さぶろう

連打技で相手がガードしていた場合、あなたは相手のガードを崩しにかかることができます。

 

ここで使うのが、オーバーヘッドアタックです。

 

連打技の時点で相手がガードしていたのに気づいたら、

とりあえずオーバーヘッドアタックを打ってみましょう。

 

しゃがみガードを意識している相手は食らってしまいます。

 

ヒットかガードかが確認できていなくても、

コンボを中断して攻めを継続するというテクニックが対戦格闘ゲームには存在しますので、

堂々とオーバーヘッドアタックを決めてしまって大丈夫です。

 

まずはガードを揺さぶり、相手の頭上に「!!」を表示させて意表をついた快感を知りましょう。

このあたりから、格闘ゲームは一気に面白くなってきますよ!

スポンサードリンク

ガードを潰す投げでも崩そう!

オーバーヘッドアタック以上に強力なガード崩し手段が投げです。

 

こちらは立ちガードだろうとしゃがみガードだろうと防げません。

完全にガードを潰すための技となっています。

 

投げを狙う時は、かなり近づかなければなりません。

 

トレーニングモードで確認してみるとわかりますが、

一歩離れただけで投げられなくなり、隙を晒します。

 

そのため、まずは全力で相手に走っていき、確実に密着してから投げを出しましょう。

これだけで距離を見誤る可能性が一気に減ります。

 

これまで学んできた連打技コンボ、

そしてオーバーヘッドアタックまで駆使して相手を圧倒していけていれば、

実力が同じくらいの相手は確実にガードで固まってくれます。

 

そうなったら投げの出番です。

 

もちろん、いきなり投げにいってもOKです!

スポンサードリンク

上級者にこれらの攻撃が通らない理由

今回の内容を踏まえるだけで、

中級者や上級者のガードを崩すことも可能になってくると思います。

 

しかし、すぐに崩れなくなってしまうでしょう。

特に投げを何度も抜けられると、

相手がなんで防げるのかわからなくなると思います。

 

なので、ここで少し、上級者のやっていることをお教えします。

 

少し戻って、見出しの画像を見てみてください。

これはダッシュして投げようと近づいている状況です。

 

ここで上級者は、あなたが投げに来るかもしれないと意識し始めます。

そして、下段ガードしつつ、

あなたがしっかり近づいて投げるタイミングを見計らって投げを入力するのです。

 

そうすると、あなたが通常技>連打技>オーバーヘッドアタックでの崩しを狙っていた場合はガード、

ダッシュしてから投げを狙っていた場合は投げ抜けが成立します。

 

格ゲーではこの入力で投げを抜けるプレイヤーは多くいます。

「遅らせグラップ(投げ抜け)」という用語まであるくらいです。

 

さて、ここで重要なのは上級者が「遅らせグラップ」を使用するという事実ではなく、

ダッシュしてきた段階でもう投げを予測し、

遅らせグラップを狙うと決断できることにあります。

 

画面情報をあなたが知らない部分まで拾ってるのです。

ここに経験と知識の差があるため、

あなたは上級者をなかなか崩せないわけですね。

 

こういった情報はあげ始めるとキリがありません。

そして、全てに注意を向けられるプレイヤーはまずいませんし、

あなたが今意識し始めてしまうと出来ることができなくなり、伸び悩んでしまいます。

 

上級者はいろいろなものを見ているという知識をあなたも持って、

余裕がある時に相手の姿を少し見てみましょう。

 

そうすると少しずつ、上級者への下地が整っていきます。

 

やがてあなたが更に高みを目指す時、

余裕がある時に見ていた相手の動きがプラスになることでしょう。

スポンサードリンク

合わせて読みたい

【グラブルVS】攻略第4回!覚えるコンボは1つ+派生に留めるべき理由とは?
※画像はゲーム「グランブルーファンタジー ヴァーサス」より引用 グランブルーファンタジーヴァーサス(グラブルVS)が発売されて最初の週末が来ていますね。 ゲーム発売直後の週末はとにかく多くのプレイヤーが朝や昼から長時間プ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました