【グラブルVS】ガモキャンとは?プレイヤーの実情も解説!

スポンサードリンク

グランブルーファンタジーヴァーサスの攻略を行っている当サイト。

 

今回は連載していた初心者向け攻略とは別に、

ガモキャンと呼ばれるテクニックを紹介したいと思います。

 

これはボタンガードと無敵技を使用したテクニックです。

ガードモーションキャンセルを略してガモキャンと呼ばれています。

 

※以下、レバーで入力するガードをレバーガード、

ボタンで入力するガードをボタンガードと呼称します。

スポンサードリンク

ガモキャンとは?

ガモキャンは、レバー後ろ斜め下を入力して、

ガードボタと攻撃ボタンを同時押しすることで成立します。

 

入力が完璧な場合、

相手が攻撃していれば技が出て、

相手が攻撃していなければボタンガードが出ます。

 

これが主に使われるのはガモキャン昇龍というテクニックです。

ガモキャン昇龍は対空無敵技

(格ゲーを代表する無敵対空技・昇龍拳にちなんで昇龍と呼ばれる)に

この仕込みを行うことで成立します。

 

これにより、手を出していない相手に無敵技を漏らすことがなくなり、

無敵技のリスクである「相手が手を出していないと確定反撃をもらう」という点が

フォロー可能となるわけですね。

 

技を振るか否かが重要となるのは無敵技が主となります。

実践でもだいたい昇龍が飛んでくる印象です。

 

ただし、攻撃を出していてかつ無敵技はガードできる(or当たらない)状態では漏らしてしまいます。

 

詐欺飛び(対空技をガードできるジャンプ攻撃)には弱いと言えるでしょう。

スポンサードリンク

相手の仕込みを意識して技を振る環境に

この仕込みは比較的簡単なテクニックで、

ある上級者は入力法を知って数回の練習で身につけていました。

 

すでに上級者同士の対戦は、無敵技仕込みガードの応酬も見られます。

 

対抗策には投げと無敵技の合間を縫っての攻めがありますね。

 

普通の攻撃をガモキャンされるタイミングで投げを行うと、

ガモキャンの無敵技入力後にボタンガードで固まっている相手を

投げられます。

 

なお、普通に技をガードさせられれば固めが可能な本作のゲーム性上、

ガード仕込み様子見だけをしていると

ちょっと押し込まれるだけで相手のターンに持っていかれてしまいます。

 

ここで固めの間に昇龍を刺そうとすると、今度は様子見や投げの餌食です。

 

一周回って様子見読みの行動をすると、

ようやく普通の技が刺さる形になって意外と普通の対戦が成立しているように見えます。

 

さらに言えば、本作の昇龍には使用制限(アビリティゲージ)があるため、

一度成功・失敗すると次の攻防ではガモキャンができなかったりします。

 

つまり、ガモキャンは意外と簡単かつ技を漏らしづらい割には、

意外と使われることが少ない状況になっているのです。

 

とはいえ、漏れない昇龍を恐れて技を振るのが怖い状況となっているのも事実なのでご留意を。

 

また、前述の通り読んでいれば使える明確な対応策もあるため、

意外と上級者は仕込みと待ちのみで戦いません。

 

初の手合わせでは普通の差し合いがガンガン成立するのも印象的です。

 

現時点では、わかっている上級者同士では一周回って差し合いが成立してるものの、

わかるものとわからないものの違いがバレた途端にうかつな攻めが狩られる状況に見えます。

 

なお、私は相手に狩られないように気をつけて静かに技を振ってなんとか刺しあえています。

使っているキャラがメーテアなので、

安全に振れる技が多くて、相手がガモキャンを仕込んでいても意外と戦えるのは美味しいです。

奥義ゲージが溜まったら一気にぶっこみが怖くなりますが。

 

ガモキャン自体は奥義・開放奥義以外に無敵技を持っていないため、

あまり実践に投入できていません。

更にいうと、ガモキャン奥義、ガモキャン開放奥義コマンドが苦手で失敗すること多々です。

 

簡易入力でもダメなんですよね……。

普通に出す分には全く問題がないんですが、

腕の無さが出てしまっていますね。

 

アビリティボタンとの兼ね合いか、他にも昇龍と波動でも

不自然な挙動が報告されているので

私の腕前以外の問題がある可能性もあります。

スポンサードリンク

ガードとボタンの優先順位に原因が?

さて、この現象はどうして起こるのでしょうか?

 

これはボタンガードとレバーガードの優先順位と、

ボタン同士の優先順位に原因があります。

 

本作ではボタンガードとレバーガードではレバーガード優先、

ボタンガードと攻撃ボタンではボタンガードが優先となっています。

 

他のゲームと同じく、レバーとボタンはボタン優先です。

 

この優先順位を活かし、

 

・相手が攻撃している場合

ボタンガードよりレバーガードが優先→レバーガードよりボタンが優先されて技が出る

 

・相手が攻撃していない場合

攻撃ボタンよりボタンガードが優先→ボタンガードが成立して技が出ない

 

という形でガモキャンが発生しているわけですね。

 

仕組みはともかく、上級者は間違いなく使用してくるようになるであろうこのテクニック。

腕を上げていく最中に、どこかのタイミングでマスターしたいですね。

 

特にアビリティに無敵技を持つプレイヤーキャラクターを使う場合は、

めちゃくちゃ頼りになること間違いないと思います。

 

アップデートで優先順位が変えられ、使えなくなる可能性は十分にありますが。

スポンサードリンク

3月のアプデはガモキャン修正か?

3月のアプデにて、特定のタイミングでガードボタンを押した際の

挙動を変更するという旨の更新予定が公開されました。

 

現状、ガードボタンに関する挙動で告知が必要なほど重篤なものはガモキャンぐらいなので、

おそらくガモキャンが修正されると見て間違いないでしょう。

 

攻撃時のみ技が出るというのが本来の仕様とは思えませんが、

これもTweetの中にある想定外の挙動という文言を想起させます。

 

確定とはいえませんが、

来月のアプデでガモキャンは過去のものになる可能性はかなり高いと考えています。

 

アップデートの詳細が出るまで(おそらく実際にアップデートされるまで詳細が明かされないと思われますが)、

注意深く見守っていきましょう!

スポンサードリンク

合わせて読みたい

【グラブルVS】本作から格ゲーを始める方へ、基本の考え方を伝授!
いよいよ明日2020年2月6日、 「グランブルーファンタジーヴァーサス」(グラブルVS)が発売されます。 原作付きの格ゲーということで、 本作から対戦格闘ゲームに触れるプレイヤーの方も多いのではないでしょうか? ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました