よこはま夜の動物園2019ナイトズーラシア開催!魅力を徹底解明!

行楽・イベント
スポンサードリンク

横浜の夜を彩る素敵なイベント。

それが「よこはま夜の動物園2019 ナイトズーラシア」です。

 

横浜市旭区の上白根町に所在する「よこはま動物園ズーラシア」で開催されるこのイベント。

このイベントは8月の土日、そして祝日(海の日)である8月12日に開催されるイベントです。

開催時間は夜の8時半までとなっています。

なお、最終入園時刻は19時までとなっておりますので、お早めの行動をおすすめいたします。

昼の通常営業からそのまま「よこはま夜の動物園 ナイトズーラシア2019」への参加も可能なので、一日がかりで楽しむことも可能です。

 

夜の動物園なんて、なかなか想像できませんよね?

 

今回は「よこはま夜の動物園2019 ナイトズーラシア」についてまとめました!

よこはま夜動物園2019ナイトズーラシアは見どころ満載!!

「よこはま夜の動物園 ナイトズーラシア」では、

夏休みの期間を利用することで、

普段見られない夜の動物たちの姿を特別公開しています。

 

夜行性の動物はこの時間に活発に動きますし、

普段は元気な姿を見せている昼行性動物は寝ている姿を見せてくれます。

普段とは一味違う動物園となるのです。

 

更に、夜間開催に合わせて、正面のエントランスやレストランなどをイルミネーションで豪華に装飾。

更に特別イベントの開催も行われています。

単に動物を見るだけではない、スペシャルなイベントとなっているのです。

特に夜ならではの鳥によるショー「ナイトバードショー」は見応え抜群で評判が高いようです。

馬のエサやり体験も可能らしいので、動物とのふれあいも楽しめそうです。

意外なところでは、園内の「ころころ広場」でズーラシア夜市も開催されます。

これは開園20周年を記念したものでもあり、珍しい物が販売されている様子です。

ズーラシアへのアクセスを確認しよう!

ズーラシアへは電車とバス、又は車でアクセスできます。

電車は相鉄線の「鶴ヶ峰駅」、相鉄線であれば「三ツ境駅」、

JRは横浜線と横浜市営地下鉄が乗り入れている「中山駅」が最寄りとなります。

それぞれから「よこはま動物園行き」のバスが出ておりますので、そちらに乗車ください。

15分ほどでズーラシアに到着します。

また、本数は少ないですが、横浜駅からもよこはま動物園行きのバスが出ています。

こちらは1時間ほどかかりますので、移動時間の長さにも注意してください。

 

車では保土ヶ谷バイパスの下川井インターチェンジ、

または第三京浜道路の港北インターチェンジから

下道を通ってズーラシアへ行けます。

首都高・東名高速・保土ヶ谷バイバス・第三京浜道路が主なアクセス経路となります。

神奈川県南部からのアクセスであれば、横浜横須賀道路も経路となります。

よこはま夜動物園2019ナイトズーラシアでロマンチックな夜を!!

もちろん、ただ動物園をオープンしているわけではありません。

よこはま動物園ズーラシア内のレストランとして知られる

「オージーヒル グリルレストラン」と

「サバンナテラス」では

素敵なビアガーデンを開催しているのです。

 

いつもと違う雰囲気をイルミネーションで演出し、

動物園の中ならではの動物との近い距離が

ロマンチックな雰囲気を醸し出しています。

 

もちろん、普段と同様料理も食べることが可能です。

彼女と少しお酒も交えつつ、夜の動物園という

特殊な空間でロマンチックなひとときに浸ってみませんか?

もしかしたら、二人の距離もぐんと近づくかもしれません。

 

「よこはま夜の動物園2019 ナイトズーラシア」は8月31日まで開催中です。

あわせて読みたい

https://kazukunn2.com/435.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました