iPhoneの電卓でエラーに?処理の方法とその原因

スマホ
スポンサードリンク

iPhoneのデフォルトの電卓を開けると、大きな文字で、

しかもカタカナで『エラー』と出ていてびっくりしたことはありませんか?

これは、『○(数字)÷0』の計算をしたときに出る表示なんです。

ゼロ除算と言い、ゼロで割る割り算の事ですね。

なんとなく英語で『error』と出そうな予測はできますが、

カタカナで『エラー』と大きく出るのでちょっとびっくりする、

ネタのようなものですね。

スポンサードリンク

iPhoneで電卓のアイコンが消えた?その原因は?

iPhoneのホーム画面や、アプリの整理をしているうちに、

間違って、電卓のアプリを消してしまっていたり、

コントロールセンターから消えてしまっていた!

なんてことありませんか?

そういった場合は、デフォルトの電卓アプリを再ダウンロード

することをおすすめします。

まずはApp storeにアクセス。

デフォルトの電卓アプリを検索するには『iPhone 電卓』で

検索して『計算機』というアプリを探してください。

そちらを再ダウンロードすれば、コントロールセンターにも

アイコンが復活します。

これで元通りですね。

スポンサードリンク

iPhoneの電卓でeの計算もできる?計算方法とは

iPhoneのデフォルトの電卓で計算していて、

10万の桁を超える答えになると、『e』という表示が

出たことはありませんか?

実は『e』は英語の『exponentiation(エクスポネンチエーション)』の略で

累乗という意味なのです。

要するに同じ数を掛け算するという事です。

電卓では一般的に10を複数回掛けるという事になります。

つまり10e2=100、10e3=1000という事ですね。

iPhoneの電卓では10万の桁を超えると『e』の表示で表されます。

例えば100,000×100,000を電卓で計算すると、『1e10』と表示されます。

それでもやっぱりわかりにくいですよね。

その場合は、コントロールセンターで縦向きロック解除をして、

iPhoneを横向きにして使ってみてください。

そうすれば、先ほどの様に『1e10』ではなく、

『10,000,000,000』 と表示されますよ。

『e』の意味を知っているのとそうでないのとでは、

作業効率が全然違ってくると思いますので、

頭の片隅に入れておいてくださいね。

スポンサードリンク

まとめ

iPhoneのデフォルトの電卓のエラー表示や、

再ダウンロード方法、『e』の表示について、ご紹介しました。

iPhoneって、いつも持ち歩いてるものですし、

電卓も急に必要になったりするものなので、デフォルトの電卓って

意外とすごく便利ですよね。

この記事の内容を覚えていただいて、

困ったときにホーム画面で下からスワイプして、

コントロールセンターからデフォルトの電卓を呼び出してくださいね。

そして今回の記事の事を、周りの方にどや顔で教えてあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました