コーヒーメーカーはカプセル式?ドリップ式?タイプ別おすすめメーカーをご紹介!

コーヒー

スポンサードリンク

家で美味しいコーヒーが飲みたい!

 

そう思っている、コーヒー好きの方も多くいらっしゃるでしょう。

 

「どんなコーヒーメーカーがあるのかな?」

「自分に合うコーヒーメーカーはないかな~」

と思って検索してみると、

実に多くのコーヒーメーカーがあることが分かりますね。

 

種類が多すぎて、どれを選んだらよいかわからない

 

そんな方のために、コーヒーメーカーの種類や、

タイプ別の人気商品、

選ぶポイント、などをご紹介いたします。

コーヒーメーカーの種類!豆に拘るならミル付きという選択も!

コーヒーメーカーは大きく分けて、

ドリップ式」と「サイフォン式」の2種類があります。

 

ドリップ式」は主に家庭用に使うコーヒーメーカーです。

水とコーヒーパウダーをセットするだけで、

簡単においしいコーヒーができます。

 

一方の、「サイフォン式」は

気圧によってコーヒーを抽出するタイプ。

 

上下に容器があり、下の容器でお湯を沸かし、

それによって上の容器にお湯が溜まっていきます。

火を止めることにより、容器の中の気圧が下がり、

下の容器に落ちてきたお湯で

コーヒーを抽出する仕組みです。

ドリップ式に比べると、手間がかかりますが、

コーヒーファンの間では根強い人気を誇ります。

家庭用として使用するなら

断然「ドリップ式」がおすすめです。

 

それでは「ドリップ式」の人気上位モデル

5つ選んでみました。

 

(1)パナソニック「沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57」

コーヒー豆を挽く、抽出する、全て自動で行う方式です。

挽きたての豆でコーヒーを飲みたいけど、

時間や手間をかけたくないという方におすすめ。

 

全自動ミル付きの最大のデメリットは、

挽く際の音がうるさいこと(けっこううるさい)。

他のタイプに比べて、時間がかかることです。

 

ですが、このタイプの人気が依然として高いのは、

なんといっても味が格別だということです。

 

(2)siroca(シロカ)「コーン式全自動コーヒーメーカー」

こちらも全自動、コーン式ミルを採用

便利な機能(タイマーや豆の自動軽量)付。

価格が10,000円~20,000円と全自動にしては比較的安い。

 

(3)象印「珈琲通 EC-RS40」

マイコン予熱とダブル加熱で95°の抽出を実現。

熱湯と蒸気で、コクと香りをじっくりと引き出します。

同じ象印の「コーヒーメーカー EC-NA40-BA」も人気機種。

※30,000円~40,000円と価格がちょっと高めですが・・・。

 

(4)クイジナート「12カップ オートマティック グラインド&ブリュー コーヒーメーカー DGB-900PCJ2」

2人分~12人分までコーヒー抽出可能。

予約タイマーで、朝起きたらコーヒーが仕上がっている、

という使い方は大いに効果を発揮しそうですね。

 

(5)無印良品「豆から挽けるコーヒーメーカー MJ-CM1」

高性能なフラットカッターミル搭載で全自動の本格派。

おすすめのコーヒーメーカーは?タイプ別人気ブランドはこちら!

タイプ別の分類として、大きく分けて、以下の3つです。

1.全自動ミル付き

2.カプセルタイプ

3.カフェポッドタイプ

 

▽全自動ミル付き

味が格別の人気タイプ

スポンサードリンク
 

他のタイプより時間がかかり、

音もうるさいのがデメリット

価格の目安は1~2万円程度。

 

▽カプセルタイプ

コーヒーのエキスが入ったカプセル(ポーション)を使用するタイプ。

 

カプセルをセットしてボタンを押すだけなので、

スピーディーにかつ簡単に入れられることが

大きなメリットですが、

あらかじめメーカーが用意したカプセルを使う為、

コーヒー豆やパウダーに比べると、価格は高くつくのが難点。

 

また、抹茶ラテやミルクティーなど

コーヒー以外のカプセルも用意されているので、

そちらの飲み物も購入したい人向けです。

 

▽カフェポッドタイプ

 

コーヒーパウダーをフィルターペーパーに詰め販売してるもの。

パックをセットしてさらに気軽に

コーヒーを楽しめるのはメリットですが、

取り扱っている店舗が少なく手に入れづらい点がデメリット

まとめ

自分にぴったり合うコーヒーメーカーを選ぶコツは、

特に重視したいポイントを絞る事です。

こだわるポイントとともいえるでしょう。

 

価格、デザイン、機能面、

すべてに“あれもこれも”ではなかなか決まりません。

 

一例ですが、選ぶ基準をタイプ別に絞ってまとめてみました。

 

全自動ミル付きの場合ですと、

味は格別ですが、音がうるさいことと時間がかかること。

 

ミル無しドリップ式は、水タンクに水を入れてスイッチをONするだけ。

価格も比較的にリーズナブル、選ぶポイントが一番高いと言えます。

注意すべき点は、洗いやすい機種を選ぶようにしましょう。

 

カプセルタイプは、コーヒーエキスの入ったカプセルを、

セットしてボタンを押すだけのシンプルなもの。

忙しい朝など、およそ30秒ほどで出来あがるコーヒーは快適そのものです。

 

カプセルを変えることで、コーヒー以外にも使用できます。

抹茶ラテやミルクティーなどの

飲み物にも対応できるのがメリットです。

デメリットは、1杯当たりのコストは

高くつく傾向があることです。

 

 

いかがでしたか?あなたのこだわるポイントが

見つかりましたか?

 

ぜひ研究して、楽しいコーヒーライフお過ごし下さい。

あわせて読みたい

コーヒー特集!
朝の一杯から、徹夜の追い込みのお供まで。 生活に息づくカフェイン飲料。 それがコーヒーです。 今回はコーヒーに関する記事を集めてみました! ぜひ読んでみてください! ...
タイトルとURLをコピーしました