RAPV隼のレバーを交換してみた【リアルアーケードPRO.V隼】

ゲーム・アニメ
スポンサードリンク

2016年に購入した、リアルアーケードPRO.V 隼(RAPV隼)のレバーがヘタってきていたので、

今回はレバーを換装してみました。

 

私が今回レバー換装を行ったのは旧モデルです。

 

現在はヘッドフォン端子付きの新モデルが販売されていますので、

そちらをご購入することをおすすめします。

スポンサードリンク

レバーさえ用意すれば意外と簡単!

今回採用したのはこちらの三和電子製レバー。

JLF-TP-8YTですね。

ゲームセンターでの採用率もかなり高めな製品シリーズです。

 

過去に購入していたストック品となります。

 

昔は三和・セイミツのレバーを各アケコンに装着して使い分けていたりしたのですが、

RAPV隼に採用されているレバーユニットHAYABUSAがかなり使いやすかったので、

レバーはそのままで使い倒してきました。

 

若干格ゲーに寄った調整なので人によってはリニアな操作感に思えないかもしれませんが、

過去のHORI製レバーを知っていれば驚くほどの完成度であり、

それまで上位機種としてリリースされていた、

三和・セイミツ製パーツ採用商品が出ないのも納得なレベルなのは確かです。

 

しかし、ほぼ毎日夜はプレマ・ランクマという生活を続けていれば、自然とアケコンはヘタってしまいます。

 

すでに昨年、□ボタンが壊れたため、ボタンは換装済みです。

レバーも3年半使えば交換寿命をとっくに迎えてもおかしくないでしょう。

 

「グランブルーファンタジー ヴァーサス」をプレイし始めて

このヘタりが無視できないレベルだと再認識したため、今回換装を決意しました。

 

換装は意外と簡単で、プラス・マイナスドライバーと換装用のレバーがあれば可能です。

 

換装用レバーは通販で購入できる他、

アーケードゲームの基盤ショップであれば実店舗でも購入可能となっています。

 

※今回用意したレバーは三和電子製ですが、

セイミツ製の場合、使用されていないネジ穴を使用するため、

ネジが通る「ネジ山」を作るタップという器具が必要となります。

 

また、ボタンも換装する場合はファストン端子を抜くためにペンチを用意しましょう。

手でもできますが、おすすめしません。

スポンサードリンク

【注意】換装すると保証は受けられなくなる

注意点として、パーツ換装を行うと保証が受けられなくなる点があげられます。

 

レバーの他ボタンでも同様です。

また、一時期はやった静音改造も保証対象外となります。

 

今回はすでにボタン換装済みの製品の改造であるため写真はありませんが、

本来は封印シールが貼ってあるので、これを剥がすと換装していなくてもアウトとなります。

 

ご注意ください。

スポンサードリンク

7つのネジを外す

というわけで、私のアケコンの裏がこちらです。

画像で赤い円で囲んだ7つのネジを外すと、裏蓋が開きます。

 

ゴム足のネジは外す必要がないのでご注意ください。

 

頭のネジ山をなめないよう、押す力8、回す力2程度で慎重に外していきましょう。

もともと手作業で外すことを意識していないため、

かなり硬く締められています。

油断するとネジがだめになってしまいますよ!

スポンサードリンク

内部のアクセスは良好

こちらが開封したアケコンの内部です。

画像左がHAYABUSAレバー、右がボタン(換装済み)、右下及び右端がコントローラー基盤です。

 

基盤やケーブル類を下手に弄ってしまうと、動作しなくなるのでご注意ください。

ケーブルは差し替え可能だとしても、基盤はそう簡単には行きません。

壊したことは無いですが、実際に壊した場合の責任は本当に持てませんので、

本当に「触らぬ神に祟りなし」精神で意地でも触らない覚悟で行きましょう。

 

RAPV隼は、かなり裏ぶたを開けて改造しやすい配線になっています。

 

ケーブルがタイトすぎることもないので、余裕を持って改造できますね。

 

過去にボタンを改装済みと書きましたが、

その際にボタンのファストン端子がペンチを使うと外しやすい、

逆に言うと手では少し外しにくいことを確認しています。

ボタンも換装する場合は、追加でペンチも必要ということになります。

 

ここでやっておくべき点として、写真撮影があります。

こんな感じで、レバーの端子をきっちり確認できるように撮影します。

 

レバーのコネクタの向きをきっちり把握しておくためですね。

 

セイミツと三和では接続方向が逆となるため、

特に注意が必要となります。

 

つなぎ間違えても壊れることはないです(過去に経験済み)し、

固定前に動作を確認することも可能ですが、

ケーブルの色を確認し、

 

HAYABUSA→三和電子:同じ向き

HAYABUSA→セイミツ:逆向き

 

の法則に従って写真を参考につなぎ直すことをおすすめします。

スポンサードリンク

ネジとボールを外し、レバーを取る

それでは換装いってみましょう!

まずは、レバーボールを外します。

このようにマイナスドライバーで後ろを押さえ

(私は手順間違えてネジ外しちゃってますが……)、

レバーボールを握り、ネジの要領でぐるっと反時計回りに回せば割と簡単に外せます。

というかレバーボールはネジ式で固定されているので、実質ネジを外すのと同じ形です。

あえて言えば、上下ともに固定する必要があるのが注意点でしょうか?

 

その後は四隅にあるネジを外し、

レバーを取り出せば換装準備完了です。

スポンサードリンク

逆の手順でレバーを装着

 

レバーを取り外せればもう折り返しです。

今度は用意したレバーを装着していきます。

 

手順はレバーボールがついている場合は一旦外し

(レバーボールなしの商品もあります)、

アケコンの穴に通して、まずは向きを確定させます。

スポンサードリンク

PCのプロパティで確認可能

レバー装着時は、まずレバーの向きを確定させるために、

まずはネジを止めずに端子を接続します。

 

こうすることでレバーが動作するようになるため、

PCに繋いでゲームコントローラーのプロパティを使用して、

レバーの入力方向を確認しまてみましょう。

 

ひっくり返して下を支え、上下左右にカチカチ倒し、

ちゃんとPC画面でも上下左右が入力されていればOK。

 

動作がおかしい場合は、

端子やレバーの上下を入れ替えて正しい形を探しましょう。

 

ゲーム機に繋いでもOKですが、

他の操作がコントローラーなしで可能なPCのほうが気軽にできます。

スポンサードリンク

あとは元通りに

端子の向きとレバーの上下を確定させたら

四隅をねじで止め、

レバーボールを装着します。

 

これでレバーは設置完了です。

 

なお、セイミツの場合、ここで止めるネジの位置が上下左右の4つから、

中央上下の2つに変わりますが、

この2つのネジ穴にはネジ山(ネジの通り道)がありません。

 

タップとタップ止めを使い、

ネジ山を切る必要がありますのでご注意ください。

一応強引にねじ込むことは可能ですが(ネジがタップ代わりになる形)、

ガバガバになる可能性が高いので正直オススメしません。

 

レバーを設置したら、今度は裏蓋をしめます。

こちらも説明不要、ネジを止めていけばいいだけです。

 

念の為、ケーブルなどが変なところに絡まったり、

裏蓋と挟まれていないかだけは確認して置きましょう。

 

以上すべて終えれば、

あなたのRAPV隼のレバーは生き返ります。

 

私はおかげさまでコマンド入力がかなり正確になり、

コマミスを起こしがちだったガモキャンもスムーズに出来る様になりました。

 

あなたが新たな気分で対戦に浸れることを願っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました