PC掃除はエアダスターで!息や指を使ってはいけない理由とは?

パソコン
スポンサードリンク

年に一度のPCメンテナンス。

 

今回は前回のキーボードに続き、

PC内部の掃除を行っていきたいと思います。

 

最初に言っておきますが、

掃除は絶対にエアダスターを用いてください。

 

手を使うのも、

エアダスターの代わりに息を使うのもご法度です。

 

なぜかと言えば、

PCパーツが壊れてしまうからです。

 

では、実際に掃除の様子を見ながら見ていきましょう!

スポンサードリンク

まずはケースを開ける

PC掃除はケースを開けるところから始まります。

 

デスクトップPCの場合、

大抵PC背部にネジがあり、

比較的簡単に外すことが可能です。

 

今回掃除するミドルタワーは、

PCケースの背面上下に2本の大きめのネジがあり、

ここを外して掃除しました。

 

ノートPCの場合は、掃除自体をおすすめしません。

保証も受けられなくなりますし、汚れを落とせる部分も少なく、

デスクトップPCに比べてタイトな作りなので、

普通の方法でもかなりリスクがある上に、

メリットのない掃除となってしまいます。

 

軽くPCの外を吹く程度に収めるのが肝要です。

 

ちなみにPCケースやPC外装は、

普通にウェットティッシュで

拭いてしまって大丈夫です。

スポンサードリンク

エアダスターで吹け!それ以外はするな!

というわけで掃除に入りますが、

ここでは絶対にエアダスターだけを使います。

 

息を吹きかけることはもちろん、

手で拭くのも推奨されません。

 

理由は単純で、

人の息に含まれた水分やほんの少しの手垢で、

PCパーツが壊れてしまうから。

 

ちなみに私は、

PCパーツの装着にも、

今回の掃除にもゴム手袋を使用しています。

 

指先の精度こそ落ちてしまいますが、

素手より安全だと専門家に聞いた事があるからです。

スポンサードリンク

エアダスターは3秒以内で

多くのエアダスターは、

可燃性ガスを使用してます。

 

なので、火の元には注意しましょう。

 

そして、ガッツリ吹き込むのも厳禁です。

空間にガスが蔓延してしまいます。

 

まず1回3秒程度に使用を抑え、換気も注意しましょう。

 

以上を守って徹底的にホコリを吹いたら、

掃除完了です。

 

最後はケースを閉めて、ネジを止めて戻しましょう。

 

この際、コードをPC内部のファンに噛まないように

 

冷却機能が停止し、PCが動かなかったり、

すぐフリーズするようになったりしてしまいます。

 

以上を守ってPCを綺麗にして、

安定した動作、

ファンがあまり回らない静なPCで、

新年度を迎えてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました