日本中で愛されるソメイヨシノ!その名前の起源は?

行楽・イベント
スポンサードリンク

日本を代表する花といえば「桜」ですよね。

実は桜にはいろいろ種類があるのですが、

日本で最も代表的な桜が「ソメイヨシノ」なのです。

 

春の訪れとともに咲くソメイヨシノを

嫌いな日本人はいないのではないでしょうか。

 

今では、世界中に多くのソメイヨシノファンがいるほどです。

 

でも、そんなソメイヨシノの名前の起源をご存知ですか?

 

ここでは、ソメイヨシノの名前の由来を説明し、

そして花言葉も書きます。

 

これを読んでもらえば、今年のお花見で、

自慢できること間違いありません!

スポンサードリンク

ソメイヨシノの名前の由来!吉野発祥ではない!?

ソメイヨシノの名前の由来を書く前に、

ソメイヨシノの歴史を書きますね。

 

ソメイヨシノは、実は新しい桜で、

江戸時代末期から明治初期に品種改良して作られた桜なのです。

 

古来からある桜ではなく、

「接ぎ木」という方法で生まれたそうです。

 

その元は、エドヒガンとオオシマザクラという桜です。

 

品種改良を誰がしたかわからないのですが、

作られて広めた職人がいたのが染井(ソメイ)村(今の東京都内)だったのです。

 

その当時は、昔から桜が有名な奈良の

「吉野山」にちなんで、

「吉野桜」と読んでいたそうです。

ソメイ桜とはしなかったのですね。

 

その後、今までの桜よりも美しい「吉野桜」は

全国に植えられていきます。

明治時代にさらに広まっていき、

今では私たちが見る桜のほとんどがソメイヨシノになるほどになりました。

 

そして、1900年に、東京帝室博物館(今の東京国立博物館)の

藤野寄命という人がこの日本中に広まった美しい桜を

「ソメイヨシノ」と名付けました。

 

染井村で生まれた吉野桜であることから、

ソメイヨシノと名付けたそうです。

 

ひねりは無い名前ですよね。

でも、植物の名前ですし、明治の話ですし、

ストレートの名前で問題ないといえば問題ないですよね。

 

ともかく、ソメイヨシノは、

染井という所から日本中に広まっていった桜で、

吉野が発祥ではないのです。

 

ちなみに、桜の種類は古くからあるもの、

新しく勾配してできたものを含めると、

600種類もあるそうですよ。

 

ソメイヨシノ以外にも、

八重桜や山桜なども聞いた(見た)ことがあるのではないないでしょうか。

スポンサードリンク

みんな大好きソメイヨシノの花言葉!

みんな大好きなソメイヨシノの花言葉は、

「純潔」、「優れた美人」です。

 

ソメイヨシノは白やピンクの色のバランス、

さらに、品格漂う咲きっぷり。

 

それでいて、あっという間に散ってしまうはかなさもあり、

まさに、純潔で優れた美人ですよね。

 

桜全般の花言葉は、

「精神の美」「優美な女性」だそうです。

 

私的には、桜の「精神」の美よりは、

ソメイヨシノの「優れた美人」の方がなんとなく、

しっくりするのですが、皆さんはいいかがでしょうか。

 

いろいろな種類のある桜には、

それぞれの花言葉があります。

八重桜は、「豊かな教養」「善良な教育」「しとやか」。

山桜は、「あなたに微笑む」「純潔」「高尚」「淡白」「美麗」。

どうです、イメージ通りでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ

日本人だけでなく、

世界の人からも愛されているソメイヨシノ。

ここでは、ソメイヨシノの名前の

由来と花言葉を書きました。

 

ソメイヨシノは、江戸時代後期に染井村と

言うところの職人が、広めた桜の1種です。

当時は、桜の有名な吉野の名前を取り

「吉野桜」と呼んでいたそうです。

 

その美しさから、吉野桜は明治時代に日本中に広まっていき、

藤野寄命という人によって「ソメイヨシノ」と名付けられました。

 

そして、今では私たちがいる桜のほとんどが

ソメイヨシノになっているのです。

 

ソメイヨシノの花言葉は、「純潔」、「優れた美人」です。

 

なお、桜全般の花言葉は、「精神の美」「優美な女性」。

 

最後に。

現在、多くのソメイヨシノが枯れてしまっています。

花見のマナーを守ってもらい、

多くの美しいソメイヨシノを見ることができることを願っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました