【端午の節句】鎧兜はいつ買うの?飾り始める日の決まり事とは?

端午の節句
スポンサードリンク

お子さんが産まれて、初めての端午の節句。

いつごろ鎧兜を用意しようか悩みますね。

 

今回は、端午の節句の鎧兜を

いつ買うかについてご紹介します。

飾るときの決まり事などについても触れていきます。

スポンサードリンク

端午の節句の兜は通販で買う?実店舗で買う?注意点とポイントを知ろう

端午の節句の兜を通販で買うか実店舗で買うかは、

どちらでも問題ありません。

 

忙しくてなかなか実店舗へ行けない!という方は、

インターネットなどの通販を利用すると良いでしょう。

また、兜は金額が高いお買い物なので、

せっかく買うなら実物を見てから決めたいという場合は、

実際にお店へ足を運んで見てみましょう。

 

通販でも実店舗でも、気をつけたいポイントは、

兜が販売される時期です。

だいたい2月下旬から4月上旬が

いちばん多く出回る時期といわれています。

 

有名な人形店のものや人気のあるモデルは、

早い時期に売り切れてしまうことがあるので、

できれば寒さが残る時期から探すのがオススメです。

 

家紋や名前を入れる場合は、

注文から1ヵ月くらい時間がかかることが多いようです。

後ほど紹介しますが、兜を飾り始めるのは、

4月上旬から端午の節句の2週間前くらい前なので、

名入れを考えている場合は、

逆算して3月上旬までには買っておきましょう。

 

また、4月生まれの赤ちゃんなど、生後間もない場合は

次の年に端午の初節句として行う形でも大丈夫です。

お宮参りなどが終わって、落ち着いてからお祝いしましょう。

スポンサードリンク

端午の節句の守るべきマナーはどんなこと?正しいお祝いの仕方とは?

端午の節句のお祝いとして押さえておきたいのが、

・鎧兜など五月人形を飾る

・こいのぼりを飾る

・食事会を行う

この3点です。

 

まず、鎧兜などには

「病気や事故などから身を守る」

という意味があります。

お子さんが健やかに成長するためにも

ぜひ飾ってあげましょう。

 

端午の節句の鎧兜は、

家庭で代々伝わるものを飾るお家が多いようですが、

鎧兜は、お子さんが生まれたら新しいものを用意するのが

基本といわれています。

 

もしお父さんの鎧兜がある場合は、

お子さんのものと一緒に並べるのもステキですね。

 

そして、こいのぼりにも飾る意味があります。

鯉は、沼でも池でも生きることができる

生命力の強い魚といわれています。

中国では「流れの激しい滝をのぼった鯉が竜になった」

という言い伝えがあるほどです。

 

童謡のように「屋根より高く」というのは、

現在では無理がありますが、

簡単な物でも良いので、

こいのぼりも一緒に飾るようにしましょう。

 

また、せっかくのお子さんの初節句なので、

おじいちゃんおばあちゃんを誘って、

食事会を開くのもオススメです。

 

お食い初めや1歳のお誕生日のように

用意しなくてはいけないものはありません。

むしろ、ごちそうと思うものを用意して

ご家族そろってお祝いしてあげましょう。

 

端午の節句といえば、

柏餅とちまきをイメージしますね。

柏の葉は、新芽が出るまで古い葉が落ちないことから、

家族が絶えないという縁起物です。

また、ちまきは古くから中国の端午の節句で食べられていたものです。

 

しかし、柏餅もちまきも、餅やもち米を使っているので、

小さなお子さんに食べさせるには注意が必要です。

縁起物ということで、大人だけでも召し上がってみてくださいね。

スポンサードリンク

端午の節句のまとめ

鎧兜を通販で買うことにためらう方もいますが、

通販でも店舗に出向いて買うのでも、

どちらでも問題はありません。

 

買う方法よりも重要なのは、買う時期です。

2月下旬から販売が始まるので、

その頃から探すようにしましょう。

 

名入れを考えている方は、

1ヵ月くらいかかることを見越して、

早めに探すのがオススメです。

 

端午の節句の時は、鎧兜のほかに、

こいのぼりも準備しましょう。

小ぶりな物でも問題ありません。

 

お子さんの初めての端午の節句は、

お祝いのごちそうを揃えてお祝いしてあげてください。

柏餅やちまきは、お子さんが大きくなったら与えましょう。

初めての端午の節句の時は、大人だけ食べる形でも大丈夫です。

 

早めの準備で初めての節目をお祝いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました