千歳飴はどこで買えるかご存じですか?人気の不二家の商品を大特集!

子育て
スポンサードリンク

千歳飴と聞くと七五三を思い浮かべる方が、

多いのではないでしょうか。

 

子供のお祝い事に縁起物として用いられています。

 

しかしいざ購入したいと思ったときに、

どこで買えばいいんだろう?と思いませんか。

 

時期によっても購入場所が制限されたりします。

 

今回はどこで買えばいいのか、

おすすめのお店を紹介していきます。

知っておきたい! 千歳飴の由来とは

千歳飴の由来をご存じですか?

 

千歳飴の原点は諸説ありますが、

江戸時代に浅草寺で売り出されたのが発祥とされています。

 

子供の長寿や無病息災を願って作られたと言われており、

瞬く間に人気がでて、各地に浸透していったそうです。

 

千歳飴の名前の由来も「千年まで健康に生きてほしい」という、

想いが込められているそうです。

 

飴が紅白で彩られていることや、袋には鶴と亀が描かれていることも、

長寿とされる縁起の良い生き物のように長生きしてほしいという

願いが伝わってきますね。

 

ちなみにお祝い返しとして千歳飴を配っていたという説もあります。

どちらも縁起物としての扱いに違いはありません。

千歳飴はどこで買えるかご存じですか? 人気の不二家の商品を大特集!

千歳飴は普段購入しないこともあり、

どこにあったっけ?と考えてしまいますよね。

 

千歳飴がよく見受けられるようになるのは、

七五三の参拝が多い11月頃になります。

 

現代では混雑時期を避けたり、

北海道などの寒い地域では、

寒さもあり時期を前倒すことも多いそうです。

 

その為、買いたいけど見当たらないこともあるかもしれません。

 

しかしご安心ください。

 

お菓子メーカーの「不二家」であれば、

シーズン関係なく購入できます。

 

「不二家」の千歳飴はミルキー味など、

独自のバリエーションを展開しています。

 

私がお勧めするのはこのミルキー味の千歳飴です。

 

ちなみに3歳ぐらいの小さなお子様には、

「ミルキーミニ千歳飴袋」がお勧めです。

 

こちらは、千歳飴を小さく食べやすくしたもので

いちごミルクとミルク味のアソートキャンディーになっています。

 

こちらなら棒だと飽きてしまう小さなお子様にも食べやすいサイズで、

参拝が終わってもおやつとして与えやすいものになっています。

 

味も2種類なので飽きを感じさせにくくなっていますね。

まとめ

千歳飴といえば細い棒状のものと考えていたかもしれません。

 

しかしお孫さん目線で考えてみてください。

 

長い棒状のものは飽きてしまいます。

 

小さくてキャンディー状のものであれば食べて楽しめますし、

袋に色々なお菓子を詰めわせることもできるので、

直接的にお祝いを実感できるかと思います。

 

是非、「不二家」にお立ち寄りください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました