【端午の節句】出すと喜ばれる料理は?定番以外の食材の意味も知ろう

端午の節句
スポンサードリンク

端午の節句のお料理を作る時は、どのような食材が必要でしょうか。

端午の節句に出される料理にも、縁起のいい意味があります。

せっかくなら縁起かつぎの食材をいっぱい使って、お祝い膳を用意しましょう!

スポンサードリンク

●端午の節句に欠かせない!?ぶり・カツオ・筍を使った料理を作ろう

端午の節句は、季節の節目である5月の行事です。

正確には5月5日で、この日は旬のものや季節感たっぷりの食材を使ってお祝い膳を用意します。

神様のお供え物として作り、家族みんなで食べて邪気を追い払うための行事です。

端午の節句にちなんだ食材はたくさんありますが、その中には

・ぶり
・カツオ
・筍

があります。

どうしてこのような食材が選ばれるかというと、きちんと意味があるのです。

ブリは「出世魚」と呼ばれます。

子どもの時からブリと呼ばれているわけではありません。

大人になって成長すると、「ブリ」という呼び名に代わるのです!

だから出世魚と呼ばれています。

将来男の子が仕事で活躍し、出世しますように…!という親心が込められています。

カツオを食べるわけはシンプルです。

カツオを感じで書くと「勝男」となり、単純に、これからいろんなことに勝てますようにという願いを込めて端午の節句に食べます。

筍は真っすぐに伸びる特徴があるため、子どもがスクスクと真っすぐ成長しますようにという意味が込められています。

また、カツオや筍の旬はだいたい5月あたりです。

旬の時期とも重なっているので、ますます端午の節句にふさわしいですよね。

カツオや筍を加えることで、季節感たっぷりのごちそうになるでしょう。

スポンサードリンク

●端午の節句におすすめ!子どもに人気の料理レシピは?ランキングでご紹介

端午の節句には、家族や親せきでごちそうを食べると楽しく過ごせるでしょう。

子どもにおいしく食べてもらうためにも、子どもが喜びそうなレシピを使いたいですよね。

どのようなレシピだと子供ウケがいいのか、ここでランキングにしてご紹介します♪

・5位:カツオのたたきで作る棒寿司

カツオのたたきときゅうり、シソ、酢飯を用意したら簡単に出来上がります♪

カツオの鮮やかな赤色は食卓を華やかにし、食欲もそそるでしょう。

棒ずしは普通、押し寿司を作る時に使う型抜きを使いますが、四角ければいいので、ご家庭にある容器や牛乳パックでも代用できますよ。

・4位:鯛コロッケ

鯛でコロッケを作りましょう。

鯛そのものを買ってこなくても、鯛のそぼろがあれば簡単にできます。

おめでたい日に何かと使われる鯛。

鯛も縁起が良く、食卓を盛り上げてくれる食材なので、端午の節句に使ってグー!

余裕があれば、コロッケに色を加えて何となくデコってみてくださいね♪

・3位:筍ご飯

シンプルな筍ご飯もお子さんに喜ばれるでしょう。
筍とご飯の相性はばっちりです。

味付けはみりん、薄口しょうゆ、かつおだしで調えましょう。

筍の煮物だと食べずらい子も、筍ご飯であれば食べられるケースもあるでしょう。

優しい風味の筍がさりげなくて、ご飯とマッチするんです♪

・2位:こいのぼりサンドイッチ

ただのサンドイッチではなく、こいのぼりの顔をしたサンドイッチです!

遊び心があってお子さんもきっと喜ぶでしょう。

サンドイッチの表面に、チーズやキュウリを使ってこいのぼりの顔や模様を加えましょう。

チーズを丸く切り抜いたら目になるし、きゅうりをこいのぼり独特のうろこに見立てると簡単に出来上がりますよ。

・1位:こいのぼりのハンバーグ

子どもが大好きなハンバーグに、こいのぼりのデコレーションをしたらさらにワクワクするでしょう。

デコレーションには、トマトやアボカドを乗せるだけで簡単です♪

アボカドやトマトでこいのぼりのうろこを表現します。

目の部分はスライスチーズをカットし、海苔をつけたら出来上がり!

コメント

タイトルとURLをコピーしました