コーヒーが体にいいって本当?コーヒーに含まれる健康に良い成分と効果!

コーヒー

スポンサードリンク

コーヒーが実は体にいいって知っていましたか?

カフェインや飲みすぎの体の冷え、

トイレが近くなる・・・など

マイナスイメージの強いコーヒーですが

調べてみるとびっくり!

体に良い成分が沢山!

コーヒーの良い成分と効果を纏めてみました。

https://www.chichi.co.jp/web/20180622oka-1/

こちらのサイトを参考にしております。

(2019.8.17現在公開中)

コーヒーに入っているカフェインは、

妊婦さんや授乳中のママに良くないといわれている一方で

パーキンソン病やアルツハイマー病などの神経症

がんにも効果があるという研究結果があるそうです。

また、二型糖尿病にも効果があるという研究結果も。

日本人にとっても深刻な病気である

ガン・アルツハイマー病・糖尿病

に効果があるなんてびっくりですよね!

リラックスだけじゃない?コーヒーに期待できる3つの健康効果!

上記でもふれたカフェインですが、

まだまだ良い健康効果が!

こちらも併せてご紹介します!

1.脂肪燃焼を促進する効果(ダイエット効果)

運動する20分前に飲むと脂肪の燃焼を助けてくれます。

これは脂肪の分解を促す「リパーゼ」が

カフェインにより活性化するためと考えられています。

2.糖尿病など生活習慣病の予防

上記と同じ内容になってしまいますが、

カフェインは神経症やがん予防

糖尿病の抑制にも効果があるという研究結果が

発表されています。

また、食後にコーヒーを飲むと血糖値の上昇が

緩やかになるので、糖尿病の抑制効果に繋がるそうですよ!

3.抗酸化作用によるアンチエイジング

コーヒーに含まれるクロロゲン酸という

ポリフェノール成分

体内の老けの元となる活性酸素を

抑制する効果があるそうですよ!

活性酸素を抑制するといつまでも若々しくいられます!

コーヒーの効果的な飲み方のポイントは5つ!時間は?量は?

コーヒーは飲むタイミングによって、

薬にも毒にもなる飲み物です。

飲むタイミングや量を見極めて、

楽しいコーヒーライフを送りましょう♪

ポイント1

コーヒーは空腹時に飲まない事!

胃が空っぽの状態でのむと、酸性であるコーヒーは

胃を傷つけてしまいます。

ポイント2

コーヒーは就寝前に飲まない事!

コーヒーに含まれるカフェインは目を覚ます作用があります。

カフェインが抜け切るまでに6時間はかかると

いわれているので、

コーヒーは3時のおやつまでにしましょう。

ポイント3

コーヒーは口臭が気になるときに飲まない事!

スポンサードリンク
 

コーヒーは唾液を抑える作用があります。

唾液の分泌の減少は口臭の原因になります。

空腹時や朝起きてすぐなど、口内が乾燥するタイミングはコーヒーは避けましょう。

ポイント4

コーヒーは一日多くても5杯まで!

https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/16/012100004/021900008/?P=3

2019.8.17公開中)

こちらのサイトに記載がありますが、

成人で安全とみなされているカフェインの摂取量は

1400㎎まで。

これをコーヒーの杯数に

換算すると750ml(コーヒーカップ5杯分)

飲み過ぎてもNGですので気をつけましょう!

ポイント5

授乳中の方や妊娠中の方はもっと少なく!

おなかの中の赤ちゃんや、おっぱいを飲む赤ちゃんに

影響がないといわれるカフェイン量は

1200

コーヒーの杯数に直すとコーヒーカップ2.5杯分

妊婦さんや授乳中のママは2杯で収めておきましょう!

まとめ

コーヒーは飲む時間帯と量さえ正しければ

とても体に良い!

量は成人男性で最大コーヒカップ5杯までに抑えよう!

時間帯は空腹時や睡眠前を避け、

食後や運動前に飲むと、

リラックス効果だけでなく、脂肪燃焼効果や

2型糖尿病の予防、神経症の予防など

いいことが沢山!

用法容量を守り、楽しいコーヒーライフを♪

あわせて読みたい

コーヒー特集!
朝の一杯から、徹夜の追い込みのお供まで。 生活に息づくカフェイン飲料。 それがコーヒーです。 今回はコーヒーに関する記事を集めてみました! ぜひ読んでみてください! ...
タイトルとURLをコピーしました