【端午の節句】基本的なお祝い膳とは?食べ物に込められた意味を知ろう

スポンサードリンク

日本独特の文化の一つに、「端午の節句」があります。

これは5月5日の子供の日にあたります。

男の子の健康や成長を祈願し、お祝いする行事です。

そんな端午の節句のお祝い膳には、何か特別なものを出したいですよね!

ここでは、端午の節句にぴったりの食べ物や作り方をご紹介します。

家族のために端午の節句にちなんだご馳走を考えているママは、ぜひご参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

●端午の節句の料理におすすめ!よく使われる食材とその意味を知ろう

端午の節句の時ならではの料理があります。

男の子がスクスク育つようにと祈る行事なので、

基本的には縁起のいい料理です。

食材も、縁起が良くて健康なイメージの強いものが選ばれます。

端午の節句と言えばコレ!という、代表的な例を挙げてみますね!

・筍

筍は真っすぐと生えていきます。

その様子を男の子の成長に見立て、

端午の節句にも食べる風習ができました。

男の子の成長を願い、真っすぐに育つ筍を食べるって、

なかなか縁起がいいですよね~。

筍ご飯として食べるのもいいですよね!

・柏餅

柏の葉には、新芽が出ないと古い葉が落ちない性質があります。

このことからも、「子どもが生まれるまで親は死なない」という意味に重ね合わせています。

子孫繁栄の意味を意識して、端午の節句によく食べられるのですね。

・魚(スズキ、ブリなど)

スズキやブリは、大きくなって名前が変わる魚です。

これを出世と重ね合わせ、端午の節句に出すと縁起がいいのです。

今後、男の子がスクスク育ち、

将来出世しますようにという意味が込められているのですね。

・豆

豆はお節にもよく使われますが、

端午の節句の時にもおすすめの食材です♪

端午の節句以外にも、何かとお祝い膳によく出てくる豆ですが、

魔よけの力があるといわれているからなんです。

煮豆にしてもいいですし、お赤飯として食べてもグー!

・よもぎ

よもぎを料理に使うなんて、

あまりなじみがないかもしれませんが、

よもぎには「邪気を追い払う」という縁起のいい意味があります。

なぜならよもぎの香りは強いから!

よもぎ独特の香りが苦手な方もいるでしょうが、

天ぷらにするとクセが弱くなり、食べやすくなりますよ!

・えび

エビがあると食卓が一気に華やぎますよね。

お祝いの席をさらに盛り上げてくれるえびは、

端午の席のお祝い膳にもおすすめです。

えびを見ると、クルっと腰あたりが曲がっていますよね。

この姿から、「腰が曲がるまで生きられるように」

という長寿を願う意味で食べるのです。

天ぷらにしてもおいしいし、

ちらし寿司のトッピングにしてもいいでしょう。

・ちまき

端午の節句に欠かせない料理と言えば、ちまきです!

笹の葉や竹の皮にご飯がくるまれています。

災難を避けるという意味が込められていて、これまた縁起かつぎです♪

スポンサードリンク

●端午の節句にカツオや筍を使った食べ物を作る理由とは?

端午の節句では、カツオや筍もよく登場する食べ物です。

もちろん縁起かつぎで利用されているのですが、

具体的に、どのような理由から使われているのでしょうか。

・カツオ

カツオは何となくご想像つくように、

「勝てるように」という意味が込められています。

「全てにおいて勝てるように…」という願いを込めて、

端午の節句に食べるのです。

男の子も強く育つでしょう。

・筍

先ほどもご紹介した通り、端午の節句では、

空に向かって真っすぐ育つ筍を使った料理、端午の節句によく使われます。

育ち方が真っすぐな筍のように、

わが子にも真っすぐ育ってほしいという

意味が込められているのですね。

また、筍の旬も何だかんだで端午の節句に近いです。

旬の意味でも、端午の節句に使われているそうですよ。

もっと調べてみたところ、筍の旬は3月~5月だと分かりました!

確かにこの時期、竹林も綺麗でにぎわいますものね。

筍と言えば筍ご飯が定番ですが、ほかにも、

・ちらし寿司
・筍の煮物

といったレパートリーがあります!

ぜひ作ってみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました