なぜ端午の節句といわれるのか?その由来を簡単な言葉で紹介します

端午の節句
スポンサードリンク

端午の節句は中国から伝わった行事で、

日本では奈良時代からずっと続いています。

 

伝統的な行事ですが、

子どもに端午の節句の由来を伝える時は、少し難しいですよね。

 

普通に説明したのでは、子どもにとって

難しすぎて理解できないかもしれません…。

 

子どもに伝える時は簡単な表現で伝えるのがいいですが、

端午の節句の由来を伝える時、

どのように説明すればいいでしょうか。

 

ぜひこちらを参考にしてみてください。

スポンサードリンク

●5月5日を端午の節句という理由は?本来の意味と菖蒲湯の関連とは?

端午の節句は、季節の変わり目で体調を崩しやすい

端午の日(5月5日)に、

病気や災難を避けられますようにと祈って行われる行事です。

 

どうして5月に設定されているのだろう?

と疑問にもなりますよね。

 

5月5日になったのには、

何か明確な理由があったのでしょうか。

 

実は、最初から端午の節句は

5月だったわけではありません。

【どうして端午の節句は5月5日なの?】

端午の節句の「端午」には、

月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味があります。

 

現在では午という言い方はあまり使いませんが、

昔は正午あたりのことを指す時、「午」といっていました。

 

本来、端午の節句は5月に限った行事ではありませんでした。

 

しかし、午と五の発音が一緒のことにこじつけて、

毎月5日を端午にするようになったのです。

 

そしていつのまにか、

端午の節句は5月5日で定着しました。

【端午の節句にはどうして菖蒲を飾るの?】

端午の節句には、厄除けの意味のある菖蒲を飾るのも風習です。

 

邪気を追い払う意味が込められています。

 

ちなみに菖蒲はアヤメ科に属する草木で、

シーズンは5月~6月です。

 

菖蒲の花ってどんな花だろう?と知りたくなったら、

アヤメをイメージするといいでしょう。

 

紫色をしたあでやかで美しい花です。

 

あやめとしょうぶは、漢字で書くとどちらも

「菖蒲」となります。

 

昔、皇族や家臣たちはよもぎなどの薬草を配り、

病気や災いの魔よけに使っていました。

 

よもぎは独特な香りが強く、

鬼や悪霊が逃げていくと考えられたのでしょう。

 

昔はよもぎで今は菖蒲になっていますが、

この菖蒲も邪気を避ける魔よけの役割が期待されます。

 

菖蒲は悪魔を追い払うと、昔から信じられてきました。

 

端午の節句にはよもぎや菖蒲を飾るほか、

菖蒲をお湯に入れて「菖蒲湯」で入浴する風習もあります。

スポンサードリンク

●一家庭に一つではない?端午の節句の兜に込められた意味と飾り方は?

端午の節句には、ご家庭に兜を飾るのも定番ですね。

 

男の子がいるおうちは飾った方がいいでしょう。

 

兜を飾ることで端午の節句のお祝いになりますし、

兜は子どもたちを災難から守ってくれる役割があり、

縁起がいいのです。

 

【端午の節句に兜を飾る意味は?】

 

兜は、あらゆる災いや悪から身を守る意味で飾られます。

 

簡単にいってしまえば「魔よけ」の意味ですね。

 

武家社会から誕生した風習です。

 

武士の命を守るためには、兜や鎧が必要です。

 

そんな兜が今後、いざという時に、

 

・子供の命を守ってくれますように…!
・災難に遭わずたくましく成長してくれますように…!

 

という願いが込められています。

 

【兜の正しい飾り方】

 

見ているだけで男気がわいてきそうな立派な兜ですが、

飾り方にもルールがあるのはご存知でしたか?

 

兜には「ふくさ」と呼ばれる布がついています。

 

兜の下に敷いていたとしたら、それは間違いです。

 

正しくは、台座にフワッとかけておくのです。

 

また、兜のサイドに置く刀と弓の位置にも

正しい決まりがあります。

 

向かって右側が刀で、左側が弓です。

 

間違った飾り方をしたからといって、

悪霊が襲いかかるという迷信はないですが、

せっかくご家庭に兜を置くなら、正しい飾り方をしてみてくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました