端午の節句の意味と由来!子供向けに分かりやすい解説付き!

未分類
スポンサードリンク

節句にちなんだ飾り物の由来を、子供に分かりやすく説明できるとスムーズですよね!

端午の節句はお子さんのこれからの成長を願う日でもあります。

たっぷりお祝いしたいですよね。

ここでは、端午の節句の由来や、鯉のぼりや兜を飾る理由について分かりやすく解説していきます。

ぜひご参考にしてみてください。

スポンサードリンク

●端午の節句の意味と由来!男の子のお祭りになったのはなぜ?

端午の節句は5月5日で、男の子をお祝いする日でもあります。

しかしどうして男の子なのでしょうか?

端午の節句の由来や意味を、ここで学びましょう!

<端午の節句の意味>

端午の節句は、簡単にいえば5月5日に祝われるお祭りみたいなものです。

男の子の健康や成長を祝うお祭りという意味があります。

<端午の節句の意味や由来は?>

端午の節句の由来は古代の中国で、5月が「物忌みの月」とされていたことに由来しています。

物忌みというのは、一定期間、飲食や行動を慎んで心身を清めることです。

5が重なる5月5日を中国では「重五」と呼んでいました。

そんな古代中国の風習が、日本にも伝わったのです。

薬効があるといわれてた菖蒲やヨモギを使い、

厄除けとする日本独特の風習と組み合わさり、

日本独特の「端午の節句」になっていきました。

<どうして男の子のお祭りになったの?>

端午の節句が日本で始まったのは、奈良・平安時代です。

やがて江戸時代に入り、武家が社会を支配し、

都市や城下町に住むようになると、

端午の節句は武家の男の子を祝うお祭りへと変わっていきました。

端午の節句によく使われていた菖蒲は、

武勇を尊ぶ意味の「尚武」(しょうぶ…軍事を尊ぶこと)と

音が同じことからも、男の子を祝うようになったといわれます。

江戸時代は、町の庶民たちが力をつけて豊かになっていった時代でもあります。

男の子の成長を祝う端午の節句は、

江戸時代を通じて武家社会以外のところでも広まっていきました。

端午の節句の文化が広まっていき、現在にも根付いています。

スポンサードリンク

●端午の節句に兜や鯉のぼりを飾るのはなぜ?どんな意味があるの?

端午の節句の時は、おうちに兜を飾ったり、

鯉のぼりを飾ったりしますよね。

鯉のぼりや兜にもきちんと意味があるんです!

<鯉のぼりを飾るワケ>

将軍から武士、庶民へと端午の節句の文化

が広まっていくとともに、男の子が誕生した
時に立てる幟(のぼり)に、

鯉の滝登りを描くようになりました。

鯉の滝登りとは何ぞや?ということですが、

鯉は産卵の時期になると、川の流れに逆らってのぼっていく習性があります。

その様子を、どんどん「上へ上へ」と目指す出世と重ね合わせたのです。

子供の将来の出世を願い、

縁起かつぎで鯉のぼりを飾るようになったのです!

また、流れに逆らって逆流する鯉のように、

逆境に負けないくらい強くなってほしいという意味も込められています。

将来、悪運に見舞われた時も、

運命に負けまいとはね返す程の強い力を持ってほしいということなのでしょう。

男の子だから強く育ってほしいと願う、

親の気持ちとも重なりますよね。

<兜を飾る意味>

端午の節句によく登場する兜は、

身を守るための「お守り」としての意味があります。

もっといえば、「魔よけ」ですね。

これから男の子が病気や交通事故などの厄や災害を逃れ、

順調に成長していきますよにという願いが込められています。

兜は、基本的に一人の男の子に対して一つ用意するものです。

もし兄弟がいて男の子が何人かいるご家庭であれば、

それぞれの分だけ兜を購入し、飾るのがいいでしょう。

とはいうものの、現実的には金銭的な事情やスペースの問題で、

一人につき一つ兜を購入して飾るのは難しいですよね。

無理のない範囲で用意すればいいと思います。

また、お子さんが無事に成長した後は兜は役目を負えます。

だから代々兜を受け継ぐよりも、

新しいものに変えた方がいいのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました