端午の節句に兜や武将の人形を飾るのはなぜ?兜と武者人形の由来!

端午の節句
スポンサードリンク

端午の節句には、武将の人形や兜を飾ることが多いですよね。

 

5月5日に祝う端午の節句の主役は、男の子です。

 

男の子がいるおうちは、

兜や武将の人形を飾るのが一般的ですが、

兜を飾る意味には何があるのでしょうか。

 

どのように縁起がいいのか気になりますよね!

 

ここでご紹介していきます♪

スポンサードリンク

●端午の節句につきものの兜!その由来と意味を詳しく解説!

 

端午の節句には兜や鎧、武将人形がつきものです。

男の子がいるご家庭にとって、端午の節句は大事な行事です。

どうして端午の節句に鎧や兜を飾るのかというと、

男の子に災いがふりかからず、

これからも健康的に、無事に育ってほしいという

願いを込めるためです。

 

【端午の節句に兜を飾る意味→災いが外から入ってくるのを防ぐため】

鎧や兜は昔、武士が戦の時に身を守るために使っていました。

敵の攻撃から守ってくれる、盾のような役割ですね。

命を守る象徴的なものです。

このことからも、男の子が将来病気や事故、

災害に遭わず、無事に過ごせるようにという縁起かつぎになったのです。

端午の節句の風習自体は、日本では奈良時代から続く伝統的な行事です。

 

端午の節句は武家社会の風習をもとにした行事が変化した慣習でもあります。

武士社会だった江戸時代、男子が武士として活躍することを祈る風習が生まれました。

これが今にも同じ意味で根付いたのが、端午の節句です。

昔は座敷に鎧や兜を飾り、端午の節句を祝ったとされています。

スポンサードリンク

●端午の節句に用意するもの!兜や鯉のぼり以外に必要なものは何?

端午の節句といったら、

兜や鯉のぼりを用意するイメージですが、ほかにも用意しておきたいものがあります。

 

以下をご参考にしてくださいね。

 

・出世魚(しゅっせうお)

 

出世魚というのは、例えばブリなど成長すると名前が変わる魚です。

 

まるで出世したかのように、

ブリは大人になると名前が変わりますが、

このことからも、男の子が将来出世しますようにという

願いを込め、端午の節句にブリを食べます。

 

・筍

 

筍は真っすぐと育ちます。

 

このことから、子どもが真っすぐと素直に

育ってほしいという願いを込め、端午の節句に筍を食べます。

 

筍の煮物や筍ご飯として食べるのがいいでしょう。

 

また、ちらし寿司に加えてもいいですね。

 

筍も縁起のいい意味として、お祝いの席で食べられますが、

ちょうど5月は筍の旬な時期ということからも、

端午の節句に食べるのがピッタリです。

 

ちょうど新鮮で、おいしい時期の筍を味わえるでしょう。

 

ほかにも、お祝い事の定番メニューであるお寿司屋お赤飯、

ケーキを端午の節句に用意するのもおすすめです。

 

食卓が豪華になり、子ども立ちも喜んでくれるでしょう。

 

・柏餅

 

端午の節句には、柏餅も用意しましょう。

これは飾るものではなく食べるもので、

子孫繁栄を意味する縁起のいいものです。

柏餅を包んでいる柏の葉は、

新しい芽が出るまで古い葉が

落ちない性質があります。

このことからも、子孫が途絶えない

縁起のいい意味として、

端午の節句に食べられるようになりました。

 

・菖蒲

 

菖蒲は解毒作用のある薬草です。

魔よけのお守りとして、端午の節句に

飾ります。

菖蒲の葉には独特の香りがあり、

厄を追い払ってくれるといわれています。

中国では菖蒲を家の門に飾って

魔よけにすることや、

菖蒲酒を飲んで厄払いをしていました。

そんな中国の伝統的な習慣が、

日本にも入ってきて今に至ります。

 

 

ちなみに端午の節句によく食べられる

ちまきですが、

昔は菖蒲の葉を使って

米を包んでいました。

 

菖蒲は「勝負」とも発音が同じですよね。

勝負にかけて、

今後お子さんがいろんなことに勝てるようにという

願いも込められています。

男の子が健康的に育ち、将来出世を

して職場でも大活躍してほしいという

親の願いがこもっているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました