端午の節句!兜や武将の人形はいつから飾る?飾りっぱなしでもいい?

未分類
スポンサードリンク

端午の節句では、ご家庭で兜や武将の人形を飾ることが多いですよね。

 

兜は端午の節句である5月5日の前から飾るイメージが個人的にありますが、

厳密にはいつから飾るのが正解なのでしょうか。

 

また、5月5日以降も飾っておいてもいのでしょうか。

 

また、誰が用意するべきかも気になりますよね!

 

ここでは、端午の節句に何気なく飾っている兜や武将の飾りに、

明確なルールがないかどうかみていきます。

 

・いつから飾るか

・誰が用意するのか

・いつ頃しまうのか

 

といった疑問をここで解消しましょう!

スポンサードリンク

●端午の節句の兜はいつから飾るのが正解?初節句に間に合わない場合は⁉

端午の節句で兜や武将人形を飾る時、

5月5日に出して次の日にしまうといったところは少ないでしょう。

 

せっかくの高いお金をかけて買ったものですから、

もっと長く飾って楽しみたいですよね。

 

兜や武将人形は、春分の日(3月20日)からを目安にするといいでしょう。

 

端午の節句は5月5日ですが、3月20日頃から飾っても問題ありません。

 

人形を用意するのが遅れてしまい、間に合わない時でも、遅くとも4月中旬頃までに飾っておくといいです。

 

早く飾ればそれだけ縁起がアップするという意味ではないですが、毎年飾ることがポイントです。

 

<兜をしまう時>

 

また、5月5日が過ぎたら、できる限り早めにしまいましょう。

 

飾りっぱなしはしない方がいいです。

 

遅くとも、5月中旬頃までにしまいましょう。

 

しまう日も、できる限り天気のいい日を選ぶといいですよ。

 

ちなみに鯉のぼりも兜と同様です。

スポンサードリンク

●端午の節句の兜や鯉のぼりは誰が用意する?決まりはあるの?

端午の節句では、子供たちのために鯉のぼりや兜を飾ります。

 

しかし、買ったり準備したりするのはたいてい大人ですよね。

 

本来、兜や鯉のぼりを買う人には決まりがあるのでしょうか?

 

厳密に誰が用意するのがいいのでしょうか。

 

実はこれは地域によっても違いがあり、少々スッキリしない回答になります。

 

というのも、

 

・関東…父方の実家が用意する

・関西…妻方の実家が用意する

 

九州地方はさらに地域によっても細かく違いがあります。

 

意外とややこしい風習ですよね。

 

明確に「誰が」用意するべきとはいえませんが、結局は実家が購入する例が多いです。

 

しかし一番大事なのは「お祝いしたい」という気持ちなので、誰が用意するかでトラブルを起こしては台無しです。

 

最近では風習にとらわれず、両家で折半して購入しているところもみられます。

 

負担が偏って嫌な気分になる家が出ないためにも、

夫婦それぞれでよく話し合い、上手に用意する必要があります。

 

また、鯉のぼりもご家庭で購入し、自分たちで用意しているところが多いです。

 

いずれにしても、端午の節句は

子どもたちの成長と健康を祈る儀式でもあるため、子どもたちの親が中心となって仕切るといいでしょう。

 

 

話し合って決める前に、実家から大きな鯉のぼりや兜が送られてくることもあるでしょう。

 

マンションに住んでいるとスペースも限られてしまい、大きすぎると困ってしまうこともあります。

 

兜や鯉のぼりは高額でお金がかかっているから粗末にできないし…。

 

送られてきても扱いに困ってトラブルになることがあります。

 

だからこそ、夫婦がメインとなり、誰が買って用意するかを決めるべきなのです。

 

親戚も一緒にデパートへ行って買うのもいいでしょう。

 

もし遠い親戚が、端午の節句のためにご祝儀を贈ってくれた場合は、お子さんと兜の写真を送ってあげる配慮も必要です。

 

誰が用意するか明確なルールはなく、

今は伝統にこだわらないご家庭も増えているため、

夫婦が主導権を握り、バランスのいい計画を立てましょうね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました