歓迎会の挨拶と乾杯の仕方はシーン別に考えてみよう!

行楽・イベント
スポンサードリンク

歓迎会の季節がやってきました。

故郷の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

僕は故郷の大学を卒業して5年経ち、

新社会人の道も乗り越え、今は教える

立場のポジションにもなりました。

 

とは言え、まだまだヒヨッコな僕ですが、

今年の歓迎会の乾杯と挨拶のスピーチを上司からご指名いただきました。

 

どんなことを話せばいいのか分からない状態ですが、

僕なりに挨拶のスピーチを考えてみようと思います。

 

スポンサードリンク

会社で参加する新人歓迎会の挨拶と乾杯のマナーとは?

さて、新人さんを迎えての歓迎会があと1時間を切りました。

 

今日は残業は絶対にしないぞ!

とみんなで一致団結して、仕事を切り上げてきたので、

この日を楽しみにして頑張ってきましたからね。

 

続々と会社の上司、同僚、後輩、新人社員さんがやってきました。

そしてそれぞれが席につき、まずはドリンクをオーダーします。

 

お酒の飲めない人には、無理には飲ませませんし、

ドライブキーパーの人にも飲ませません。

 

そしてみんなにドリンクが行き渡ったことを確認し、

いよいよ乾杯の挨拶を行います。

 

「はい!みなさま、お疲れ様でした!

本日はみなさまが楽しみにしていました、新人歓迎会の飲み会です!

本日は入社5年目の吉村がヒヨッコ先輩代表として、乾杯の挨拶をいたします。

新社員のみなさま、入社おめでとうございます。

みなさまのこれからのご活躍を期待しております。

まず、分からないことを聞くならこの時期がチャンスです。

分からないまま仕事をするのではなく、

必ず先輩や上司の指示に従って仕事を覚えてください。

もしかしたら先輩たちは一瞬イヤな顔をするかもしれませんが、

それを恐れて数ヶ月後になって『これを教えてください!』と言ってしまうと、怒られます。

それが僕でした。僕のようにならないでください。

はい!僕の話はどうでもいいですね!

では、新社員のみなさま、同期のみなさま、

そして上司のみなさま、乾杯の音頭を取りたいと思います。

ますます会社の大きな成長を願いまして、乾杯!」

 

【ポイント】

  1. 乾杯の挨拶をする人間の紹介をする。
  2. 新入社員に対する言葉を掛ける。
  3. 自分の失敗談を話し、アドバイスをする。
  4. 最後に、『元気に』乾杯の音頭を取る。

 

この4つのポイントが僕の考えた乾杯の挨拶をまとめたものです。

 

この後、みんなでワイワイと楽しく歓迎会はスムーズに行われました。

新入社員さんたちは、最初はもじもじしていましたが、

少しずつ場の空気になれてきたのか、

笑顔でお酒を楽しんだり、先輩や上司たちに粗相が無いよう、

自己アピールをしたりとしていました。

 

希望に胸を膨らませて入社したあの頃を思い出しながら、

僕は美味しくオレンジジュースを飲んでいました。

 

スポンサードリンク

学生と会社員の新人歓迎会での挨拶と乾杯のマナーの違いとは?

学生時代の新人歓迎会では、軽いノリで簡単な挨拶のち、

乾杯、そして楽しい時間が過ぎていく…

と言う感じではなかったでしょうか?

また、お酒も回って、『無理な一気飲み』に挑戦して急性アルコール中毒になり、救急搬送された。

などと言う経験もお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし、会社員の新人歓迎会と言うものは、

学生時代のノリとは違います。

もう立派な社会人なのです。

そして、これから上司や先輩たちからの信頼などを得たり、

自分を売り込んだりする機会の場でもあります。

 

だからと言って固くなり過ぎず、

節度を持ってその場を楽しみつつも、

先輩たちや上司の顔や名前、

性格や特徴を覚えていけばいいのではないかと思います。

 

自分を売り込むチャンスは『仕事でアピール』もありますが、

まずは『新人歓迎会』で自分を『どれだけ・どんなことについて』を

簡潔に『アピールできるか』によっては、

先輩や上司からの印象も違うかと思います。

 

みなさん!今年の新人歓迎会で『自分の長所をアピール』しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました