歓迎会のお礼はいつまでに送るのがいい?失敗しないメールの内容とは?

行楽・イベント
スポンサードリンク

中途採用で入社した会社で、僕のために歓迎会を開いてくださった。

とても楽しく、先輩たちも温かくて、

上司も優しい人たちだったのを覚えている。

その気持ちを忘れないうちに、

僕は朝一番にパソコンを開き、先輩たちの名前を

C.Cアドレスでまずは一斉にメールを打つことにした。

 

「タイトル:歓迎会ありがとうございました。

本文:おはようございます。中村です。

昨日は私のために時間を割いて歓迎会を開いていただき、ありがとうございました。

中途採用の私ですが、皆さまのご期待に添えるよう、

会社の業務に慣れ、戦力となれるようご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

メールにてお礼を申し上げて失礼いたします。

 

中村 圭也 」

 

ポイントは

  1. 歓迎会を開いてもらったら早めにお礼のメールを全員に送る。
  2. 感謝の気持ちを簡潔に、なおかつ頑張る気持ちを伝えること。

 

たとえ中途採用だとしても、

歓迎会を開いていただけたのだから、

お礼のメールは全員にしないといけません。

 

本当はひとりひとりにお礼を言うのが良いのだけれど、

そんな時間があれば、仕事を覚えて、

一人前になった方が、みんなのためになりますからね。

 

スポンサードリンク

歓迎会の幹事をした上司や先輩に送る歓迎会のお礼メールの内容は?

先輩たちに送るメールは送信しました。

次に幹事をしてくださった、先輩のメールを送信します。

 

「タイトル:歓迎会ありがとうございます。

本文:おはようございます。中村です。

昨日は私のために歓迎会を開いてくださりありがとうございます。

鈴木主任のお心遣いで緊張もほぐれ、社員の方々と話をする機会も持つことが出来ました。

本当にありがとうございます。私も早く皆さまのようになれるよう、努力して参りますので、

ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

メールにてお礼を申し上げて失礼いたします。

 

中村 圭也 」

 

ポイントは

  • 一斉メールで送った方々とは違い、個人メールにて送信すること。
  • どんな心遣いをされたかをきちんと記載して、また、どのような社員になりたいかを

記載して気持ちを伝えること。

 

こちらもメールで対応するたけではなくて、

必ず対面でもお礼を言うことを忘れないようにしましょう。

 

スポンサードリンク

上司に対しての対応は?歓迎会の後に送るお礼メールで差をつけよう

幹事をしてくださった主任にメールを送りました。

最後になって申し訳ないですが、課長にメールを送ります。

 

「タイトル:歓迎会ありがとうございました。

本文:おはようございます、中村です。

昨日はお忙しい中、歓迎会に田中課長も参加していただき、ありがとうございます。

田中課長の『まじめにコツコツと仕事を覚えていけば、自然と身についていく。それが

たとえ前回の職種とは違っていても、それが必ずどこかで役に立つときが来る。

だけど間違えてはいけない。その職種を知らない人もいるのだから、バカにしてはいけないよ。』と諭してくださいました。ありがとうございます。私もその言葉を忘れず、

これからこの会社の一員として精一杯、頑張ります。ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

 

メールにてお礼を申し上げて失礼します。

 

中村 圭也 」

 

ポイントは

  • 忙しい上司にお礼とねぎらいの言葉を忘れないこと

「ねぎらう」と言っても「お忙しい中ありがとうございます」くらいでいいとおもいます。

  • 上司が自分にかけた言葉を、全て書けなくてもいいので、ポイントごとに書いていく。
  • 自分がこの会社に入ってどれだけ頑張れるのか、頑張ってみせるのかを表記する。

 

上記にも書きましたが、メールだけでなく、直接お礼もしましょう。

これは社会人のマナーです。

たとえ中途採用だろうと、新社会人であろうと、同じことです。

その後の社会人ライフをどう生きるのかは、あなた次第です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました