歓迎会でする初めての司会で抑えたい上司の挨拶の順番のポイントは?

季節
スポンサードリンク

みなさん、寂しい別れの季節が終わり、

今度は新しい出会いの季節がやってきますね。

それにあわせて、歓迎会も多くなってくる頃でしょう。

そろそろ中堅になってきたあなた。

歓迎会の司会も頼まれるようになってきたのではないでしょうか。

今回は歓迎会で初めて司会を担当しても

失敗しないためのポイントをお伝えしたいと思います!

上司や同僚にも恥ずかしくない名司会ぶりを発揮するために

しっかりここで準備してみてくださいね

 

スポンサードリンク

新人歓迎会での司会の挨拶は段取りをしっかり押さえよう!

さて、この時期といえば新人歓迎会ですね。

新入社員はドキドキ、ワクワク、フレッシュな気持ちで参加しているでしょう。

そんな大切な会での司会。失敗はできませんね。

しっかりと入念に準備しておきましょう。

主な流れとしては

【司会の挨拶→代表挨拶→乾杯挨拶→新人挨拶→歓談・余興→

中締めの挨拶→閉会の言葉】

となります。

それぞれどのように準備するか確認してみてください。

・司会の挨拶…簡単な自己紹介をして、

歓迎会のタイムスケジュールを簡単に説明するのも大切です。

緊張をほぐすために、丁寧かつ明るく話しましょう。

・代表挨拶…出席者の中で一番役職が上の方から新人への

歓迎の挨拶をいただきましょう。

必ず事前に挨拶の依頼をしておくことを忘れないでください。

・乾杯挨拶…出席者の中で2~3番目くらいの役職の方に

お願いしましょう。乾杯するまでは新入社員も緊張がとれないものです。

スムーズにテンポよく乾杯につなげられるよう導きましょう。

 

 

・新人挨拶…乾杯後、30分ほど歓談を挟み、新入社員1人1人に

簡単な挨拶と抱負を述べてもらいましょう。

緊張している新入社員もいるので、リラックスできるように

さりげないフォローも大切です。

・歓談、余興…ここで再び歓談タイムを設けます。

挨拶も一通り終わり、やっとリラックスして歓談できる時間ですので

とても大事ですね。

新入社員に軽い余興を事前に用意してもらったり、

軽いゲームを用意したりすると、親睦も深まるかもしれませんね。

・中締めの挨拶…飲み物などのラストオーダーとなった頃、

いったん区切りをつけるために、

参加者のなかで上から2番目ぐらいの役職の人に

「中締めの挨拶」をお願いしましょう。

こちらも事前にお願いしておくことを忘れないでください。
・閉会の言葉…最後に、中締めとは別の人に

三本締めや一本締めなどで閉会の挨拶をお願いしましょう。

 

歓迎会の流れはここまでですが、閉会の言葉が終わったら

参加者を会場の外へ誘導し、二次会を用意している場合は

その案内も忘れずに伝えましょう。

いずれにしても、歓迎会の司会で一番大切なことは

新入社員と既存の社員が和やかに過ごせる雰囲気作りを

意識して進行していくことだということを忘れないでくださいね。

 

スポンサードリンク

歓迎会の挨拶で使ってはいけない言葉は?失礼のない言葉を知っておこう

では、今度は実際に歓迎会で挨拶をする側になった時に

注意すべきことをチェックしましょう。

参加者の前で一言挨拶をすることになったら、

まずは明るくポジティブな内容を心がけましょう。

また、第一印象はとても大切です。

自信なさそう姿勢は、頼りなさを連想させてしまうので

元気に振舞うと良いでしょう

歓迎される側の挨拶のポイントは締めの部分にあります。

「よろしくお願いいたします。」や「ご指導お願いいたします。」

といった受け取り方によってはフォローしてくれというニュアンスのものより

「頑張ります!」と決意表明するだけの形で終わった方が

ポジティブな印象のまま終わることができる場合もありますので

参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

【まとめ】

上記いろいろと注意点などを記載しましたが、

歓迎会の挨拶、司会は事前に準備しておけば何も怖いことはありません。

しっかり準備しておけば、当日は落ち着いて自信を持って

円滑に会を勧めることができるはずです。

事前にきちんと挨拶を頼む上司などと打ち合わせなどをしておき、

当日になって慌てないように笑顔で進行できるようにしておきましょうね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました