新茶って何がそんなにいいの?新茶にしかない魅力とは?!

季節
スポンサードリンク

さて、今年もまた新茶のシーズンが到来します。

みなさん、新茶の正しい知識はもうご存知ですか?

今年は、新茶について知って、より新茶を楽しんでみませんか?

「新茶」と一言で表してしまうのが勿体無いほどのその魅力。

味がしっかりと凝縮された新茶は、魅力もたっぷり凝縮されていますよ!

早速、新茶についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

新茶の時期は一年に一度だけ!貴重な一番茶の魅力は…?

 

みなさん、そもそも新茶はなぜこんなにも貴重とされ、

日本中で絶大な人気を誇っているかご存知でしょうか?

「夏も近づく八十八夜」という歌詞のように、

八十八夜の5月頃に摘まれるこの「新茶」。

この新茶は実は「無病息災」を願う縁起の良いお茶なのです。

なぜ、年に1度しか楽しめないのか…?

お茶は、年に4回ほど収穫されます。

一番茶、二番茶、三番茶、四番茶、となります。

この中で、一番茶と呼ばれるものが新茶と言われているのです。

だから、新茶は年に1度だけしか楽しめないということになります。

1年の初めに摘まれるため、新茶と呼ばれているとも言われていますが…。

新茶とは、お茶の葉の中でも柔らかい新芽を摘んでいるのです。

そのことも併せて、「新茶」と呼ばれています。

このお茶、季節によって数回に分けて収穫されているのですが、

何か違いはあるのでしょうか?

新茶と呼ばれ、こんなにも大切に扱われているのは、

縁起がいいという理由だけでしょうか?

この新茶ですが、実は魅力がまだまだたくさんあるのです。

縁起の良いお茶というだけでなく、なんと栄養もたくさん詰まっています。

なんでも、新茶にしかないある成分が多く含まれているのだとか…?

この新茶の成分を知る人はなかなかいないと思うので、

この新茶特有の成分を徹底的にお伝えします。

それでは新茶の縁起の良さを熱く語ったところで、

次は栄養についてもお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

お茶の旨味をたっぷり感じられる新茶!新茶にだけ多く含まれる成分とは?

お茶といえば、少し苦いような渋いような味が魅力かと思います。

特に日本人の好む緑茶は、苦味と渋みが魅力的です。

しかし、新茶はこの苦味と渋みが少ないことが人気な理由の1つと言えるでしょう。

このお茶特有の渋みとは、お茶に含まれる「カテキン」という成分が元となっています。

この「カテキン」が新茶にはあまり含まれていないのです。

その代わりと言ってなんですが、新茶には

「テアニン」という甘みの多い成分が多く含まれています。

これは、1年分の栄養を大切に蓄えてきた新芽に多く含まれる成分なのです。

新芽は1年間かけて、じっくりと栄養を蓄えて成長していきます。

そして、寒い冬を越えて、一気に成長していくのです。

新茶以降の二番茶などは、暖かい季節に成長します。

この時期に成長する芽は、強い紫外線から身を守るためにある成分が多く生成されます。

それが、「カテキン」なのです。

二番茶以降のお茶はこの「カテキン」が多く生成されるので、

渋みを楽しむことができます。

だから、お茶の甘みを楽しめるのは新茶だけということです。

これが新茶の魅力。

お茶の甘みを楽しめるのは、1年に1度ととてもレアとなっているのです。

スポンサードリンク

まとめ

以上、新茶の魅力をお伝えしました。

いかがでしたか?

味とともに魅力が凝縮されていましたね。

普段、何気なく飲んでいたお茶にもこんな秘密が隠されていたのです。

これを知ってから飲むと、新茶がさらに美味しく感じることでしょう。

ちなみに、これは余談なのですが…。

お茶の渋み成分「カテキン」は、抗がん作用やコレステロールを下げる作用、

虫歯や口臭予防などの効果があり、とても健康的です。

新茶の時期には新茶を楽しんで、

それ以降は、お茶で健康を維持していただけたらと思います。

新茶も二番茶も三番茶も四番茶もとにかく魅力たっぷりのお茶。

これからも日本、さらには世界中で愛されていくことでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました