歓迎会の挨拶の例文!新人も先輩も使える挨拶の例文内容とは?

季節
スポンサードリンク

みなさん、やっと寒い冬も終わり、桜の季節がやってきますね。

別れの季節から出会いの季節へ・・・。

歓迎会のシーズンですね!

今回は歓迎会で必ず必要となる挨拶についてお伝えしたいと思います。

歓迎会でのスピーチ内容は、

(1)歓迎会の開催に対しての謝意

(2)簡単な自己紹介

(3)新しい職場での抱負と決意

(4)指導をお願いする言葉

の順番で構成しましょう。

では、より詳しくポイントを押さえたスピーチ内容をご紹介いたします。

 

スポンサードリンク

歓迎会の挨拶で抑えたい失敗しないためのポイント3選

歓迎会の挨拶は、迎えられる側、迎える側、

どちらにとっても最初の印象になります。

言葉遣いに気をつけ、親しみのある話し方をすることで印象がよくなります。

ここでは挨拶で失敗しないためのポイントを見ていきましょう。

  • 簡潔にする

挨拶はあまり長くならないようにし、簡潔にまとめることが最も重要です。

長い時間話すとせっかくの歓迎会が間延びしてしまうので、

挨拶時間は、長くても3分をめざしましょう。

せっかくの飲み会と言う場なので、詳しい話は個別に話した方が、

直接思いが伝わるだけでなく、コミュニケーションが深まるきっかけになりますよ。

  • 感謝の気持ちを伝える

「挨拶」と意識しすぎてしまい、何を伝えていいか分からなくなっていませんか。

難しく考えず、日ごろの感謝の気持ちや

この職場にこれてよかったなどといった「ありがとう」の気持ちを

素直に伝えることが聞いている側にとっても、

自然と聞きやすい挨拶になります。

  • 姿勢を正して笑顔で伝える

人の印象は見た目が大きいといわれています。

素晴らしい挨拶をすることも大切ですが、

印象に残るには挨拶をする姿勢も意識しましょう。

どんなに日頃の感謝の気持ちを丁寧に伝えても、

下を向いたまま話していては伝わりません。

しっかりと前を向いて笑顔で感謝の気持ちを伝えてみましょう!

 

スポンサードリンク

【中身出し②】歓迎会での最初の挨拶で迎える側が抑えるべきポイントは?

次に歓迎会で迎える側になった時の挨拶のポイントをお伝えします。

迎える側にも挨拶は必要になります。

開会の挨拶、乾杯の挨拶、中締めの挨拶、閉会の挨拶など、

役割はたくさんあります。

いつ自分が挨拶をお願いされるかわからないので、

事前にチェックしておいてくださいね!

親睦が最大の目的である歓迎会ですが、

迎える側が堅苦しい雰囲気だと迎えられる側も強張ってしまいます。

まずは相手の緊張をほぐすよう、和やかな雰囲気作りを心がけましょう。

流れとしましては

  • 祝辞…歓迎の意と祝意を伝えます。

複数人いるときは、一人一人の名前をあげると

丁寧な印象になります。

相手の不安などを払拭するような励ましの言葉も入れると

嬉しいかもしれませんね。

  • 本論…仕事に取り組む姿勢や社員としての心得など

最初に伝えておきたい注意点を伝えます。

あまりお説教がましくならないように伝えることが大事ですよ。

  • 結びの挨拶…改めて歓迎の意と祝意を示し、挨拶を結びます。

謙虚な姿勢で歓迎の意を伝えることを意識しましょう。

以上の構成を参考にするとスムーズにまとめることができますよ。

挨拶というよりも、これから一緒に働く仲間として

期待感を込めた言葉を謙虚に伝えることが大切です。

スポンサードリンク

【まとめ】

歓迎会の挨拶と聞くと、緊張して

なかなかうまく話すことができないかもしれません。

あまり難しく考えず、心からの歓迎の気持ちを

しっかりと伝えることが重要ですね。

また、決まり文句の挨拶より自分の言葉で話したほうが

相手に届きやすいです。

事前に流れやポイントを押さえて、準備していけば

緊張することもなくスムーズな挨拶ができるはずです。

新しい季節、新しい環境に入る最初の一歩です。

楽しいスタートが切れますように!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました