東京オリンピックのボランティア落選者が多数?!厳しい条件があった?

東京オリンピック2020
スポンサードリンク

自国開催の2020東京オリンピック、

見るだけでなく、ボランティアとして参加したい人も大数いますよね。

 

すでに大会ボランティアは応募が終わっており、

残念ながら多くの人が落選してしまっているます。

 

ここでは、実際にボランティア応募した落選者が多数であった事実を説明します。

また、まだボランティアをしたいと言う方にとっておきの情報をお話しします。

 

ボランティア参加の道、あきらめないでください!

 

スポンサードリンク

東京オリンピックのボランティアの募集要項をおさらいして選考条件を考察

東京オリンピックのボランティアには、いろいろな種類があります。

その中でもメインと言いますか、最も希望者が多いのは、

大会会場や選手村などの関係施設で大会運営を支える「大会ボランティア」でしょう。

 

この大会ボランティアの募集人数は、約8万人でした。

しかし、応募者は20万人といわれておりますので、

半数以上の12万人の方が涙をのんだことになりますね。

 

募集期間は、2018年9月26日から12月21日でした。

少し前に行われており、すでに選考は終わっています。

 

ここで、募集要項をおさらいして選考条件を考察してみます。

 

まず、活動の基本は、10日以上となっていました。

しかし、運営する側からすると、

長い日数かつ自由度が高い人の方が何かと便利ですよね。

ですので、10日しか不可の人が受かるのは厳しかったと思われます。

 

次に、「積極的に応募していただきたい方」というのが、

募集していた公式サイトに公開されていました。

 

そこには5つの項目があり、それぞれ概要は次のようになります。

○熱意を持っている方

○チームとして活動したい方

○競技に関して知識のある方

○ボランティア経験のある方

○言語、手話のスキルのある方

 

特に、下の3つは、選考に大きな影響を与えたと思われます。

熱意があって、チームとして活動したい方でも、

その他の3つの項目がないと、不利だったと考えられますね。

 

残念ながら、気持ちは負けないといっても、

それだけでは多くの人が落選したことでしょう。

 

仕方ないこととはいえ、落選しても理由は教えてくれません。

落選したことによって東京オリンピックに対する熱意が冷めてしまう人がいることでしょう。

 

最初から募集条件を厳しくしたりすることはできなかったのでしょうか。

 

そうすれば、最初から応募しなかったり、

それに向けてスキルを磨いたりした人もいるでしょうに!

 

スポンサードリンク

東京オリンピックのボランティア、追加募集の話があるってホント?

東京オリンピックの大会ボランティアの追加募集は、残念ながら現時点ではありません。

 

しかし、大会ボランティア以外の、東京オリンピック関連ボランティアは募集があります!

 

具体的には、聖火リレーボランティア、ホストタウン、事前キャンプなどです。

 

大会ボランティア中心に多数の応募があったのですが、地方の募集に対しては少ないなどのギャップがありました。

 

そのため、現在でもいろいろな募集があります。

多くは、地方での募集ですが、東京オリンピックののボランティアであることは変わりありません。

以下のサイトに詳細が記載されていますので、自分に合うものはないか調べて応募してください。

 

日本財団ボラサポ2020

東京2020オリンピック・パラリンピックボランティア | ボラサポ
東京2020オリンピック・パラリンピックのボランティア総合サポートサイト。オリンピックを成功に導くのはボランティアだ。動かせ、日本を、世界をそして自分自身を。ボランティアは、東京2020を動かす力だ。 / It is volunteers that will lead Tokyo 2020 to sucess. Get...

 

希望していたものでなくても、ボランティアができれば、きっと良い思い出になることでしょう。

少し、妥協してでも応募してはいかがでしょうか。

 

一方で、追加募集が、絶対にないわけではありません。

今後も公式サイトの確認もしましょう。

 

東京オリンピック 大会ボランティアField Cast

東京2020 夏季オリンピック - アスリート、メダル、結果
東京で開催された2020年の夏季オリンピックのハイライトをもう一度。公式動画、結果、写真ギャラリー、競技、アスリートをチェックしよう。

 

スポンサードリンク

まとめ

まもなく開催される2020東京オリンピック、ボランティア希望者も多数いました。

 

残念ながらメインの大会ボランティアには、

応募した人の半数以上が落選してしまうほどの人気でした。

 

募集は既に終わっており、追加も現時点はないとされています。

 

一方で、関連ボランティアの募集はまだありますので、

調べてみて可能だと思えば応募してみてはどうでしょうか。

当初思っていたものとは違ったとしても、

2020東京オリンピックのボランティアであることは間違いありません。

 

なお、コロナウィルスの影響もあり、

東京オリンピックの開催そのもの変更の可能性が出ています。

そのため、ボランティアの変更の可能性も十分にあり得ます。

 

引き続き、公式サイトなどをチェックし、こまめに情報をとることをおすすめします。

 

どんな形であれ、2020東京オリンピックが成功し、

日本人だけでなく世界中の人に喜ばれるオリンピックであることを願っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました