ホロライブ釣り王決定戦結果まとめ!映えある優勝はCチーム!

スポンサードリンク

2020年3月22日、

Vtuberグループ「ホロライブ」による

「ホロライブ釣り王決定戦」が開催されました!

 

参加Vtuberは総勢21名。

3チームに分かれての決戦となりました。

 

チーム分けは以下のとおりです。

Aチーム

さくらみこ/アキ・ローゼンタール/兎田ぺこら/白銀ノエル/不知火フレア/宝鐘マリン/潤羽るしあ

 

Bチーム

白上フブキ/星街すいせい/癒月ちょこ/大空スバル/紫咲シオン/百鬼あやめ/猫又おかゆ

 

Cチーム

夏色まつり/ロボ子さん/赤井はあと/天音かなた/姫森ルーナ/角巻わため/常闇トワ

 

開幕は15時。

まずは15時6分に配信開始された開会式からとなりました。

 

大会では大神ミオのチャンネルで大会運営が行われた他、

ホロライブ釣り王決定戦!運営本部【あつまれどうぶつの森】

Aチームはアキ・ローゼンタール

【#ホロライブ釣り王】てぇてぇの撒き餌に引っ掛かりなさい!【Aチーム視点】

Bチームは白上フブキ

【Bチーム】OSAKANA★HEAVEN【#ホロライブ釣り王決定戦】

Cチームは夏色まつりのチャンネルにて大会の様子が

【ホロライブ釣り王決定戦】 Aim for the victory.ぽんこつ…?あっそれ誉め言葉ね【あつまれどうぶつの森】

配信されました。

 

また、同時視聴枠としてswitch未所持の桐生ココが、

『龍が如く OF THE END』をプレイしながら視聴する配信を実施しています。

【#桐生ココ】ホロライブ釣り王単独戦!同時視聴で勝負!高価な魚を釣りたい!【#ごくどうの森】

なお、釣りの結果を価格表と照らし合わせ、

Dチームとして他チームとの競争も行われる形と(一応)なっています。

 

ルールは釣り竿、斧、スコップを1個ずつ所持した状態でスタートし、

試合終了時に魚を売り、売上の平均が高かったチームの勝利となります。

 

試合時間は1時間、サカナのまきえは現地で作れば使用可能です。

 

開会式は各人の挨拶と、ルール説明。

なお、星街すいせいのみ開始時間の関係で自己紹介のみ飛ばし、大会から合流となりました。

スポンサードリンク

大会は3時半からスタート!

大会は3時半からスタートしました。

Aチームでは接続不良か潤羽るしあが一度大会中の島から落ちてしまい

再度移動してくる(他の島への移動は禁止されているが、大会用の島へは移動可能のルール)

というトラブルが発生した他、

Bチームでは星街すいせいのマイク調整に手間取る、

Dチームにはときのそらが降臨する等々、

すごい勢いで騒がしく進行していく事となりました。

 

完全に大会モードに入ったAチーム、

和気あいあいと盛り上がるBチーム、

レアな魚「リュウグウノツカイ」を釣り上げてスタードダッシュを決めるCチーム、

エスパー伊東扮するゾンビを釣り上げて大神ミオを困惑させるDチーム等々、

見どころ満載で大会は進行しました。

スポンサードリンク

意外なデッドヒート

Aチームは途中でオフラインになるトラブルにも見舞われつつ、

徐々に釣り上げてはいくものの大きな成果が上がらず苦労している様子が見えました。

しかし、途中で不知火フレアや白銀ノエルが落ちるなどのトラブルも見られ苦戦を強いられたのは間違いないでしょう。

 

Bチームもリュウグウノツカイを釣り上げ追い上げを見せる一方、

持ち物の持ち込みミスを挽回するために

一度島を抜けて時間をロスしてしまう場面も見せていました。

その甲斐あってか、折り返し前に2匹目のリュウグウノツカイを確保することに成功します。

 

Cチームはリュウグウノツカイのみならず順調に成果を上げていき、

安定してトップ争いを演出していきました。

ルールを確認し、

作業台を使いやすい位置に確保するなど、

徹底した勝ちへのこだわりを見せています。

 

ダークホースであるDチームは、

ゲームの違いを生かしたかのようなレア魚の確保を連発。

ガッツリ稼いであわやトップという躍進を見せました。

 

運営配信では各島へ気軽に出張する他、

サラリとコメントに現れた湊あくあ(今回の大会前々日から前日にかけ、

全種類の魚を釣るという耐久企画を20時間弱かけて達成。

今回は殿堂入り扱いという大神ミオの発言もあり)

に耐久配信で一番連れて興奮した魚はなにかを聞くなど、

かなりのフリーダムムーブで飄々と大会を切り盛りして行きました。

スポンサードリンク

Cチーム優勢の折返し

折返しのタイミングで、

Cチームは4匹目のリュウグウノツカイを確保していました。

かなり盤石な様相を見せています。

 

Aチームは和気あいあいとテントに集まる等、

楽しくマルチプレイを満喫していました。

 

Bチームも4匹目のリュウグウノツカイを確保し、

優勝争いに食らいつきます。

 

Dチームはやはりルールの違いを活かしどうぶつの森で高価となる魚を確保。

本格的な釣りゲームの側面を運営配信でも見せ、

『龍が如く』シリーズの懐の深さを見せつける事となりました。

スポンサードリンク

終盤戦、Bチームが追い上げを見せる

終盤で輝きを見せたのはBチーム。

次々リュウグウノツカイを釣り上げ、平均を引き上げていくことに成功しました。

 

Dチームもマグロを釣り上げ、存在感をアピールします。

 

Cも堅実に釣りを成功させ、かなり成果を上乗せしていきました。

ラストのラストにチョウザメを釣り上げたのも印象的でしたね。

 

Aチームは若干不慣れな部分が目に付いたものの、アイテムの融通等、

徐々にチームワークを高めていきました。

スポンサードリンク

優勝は……

大会終了と共に、A、B、Cチームは釣った魚の精算に入っていました。

 

他方、ルールの違うDチームは釣りの成果を運営本部に報告しました。

 

それぞれが準備後に運営ボイスチャットへと合流して、参加者にDチームの結果で混乱の一幕もありつつ、

集計が完了しました。

 

その結果優勝したのは、Cチームとなりました!

 

やはり、徹底した準備と序盤から飛ばしていけたところが強かったでしょうか。

Bチームとは数千ポイントの僅差で敗北となりました。

途中、気晴らしに記念撮影をしていたのが敗因になったと言えるかもしれません。

 

大いに盛り上がったホロライブ釣り王。

ぜひアーカイブも視聴してみてください!

スポンサードリンク

合わせて読みたい

【VTuber】ついに決着!第2回マリオカートにじさんじ杯決勝結果まとめ! #マリカにじさんじ杯
2019年12月28日。 ついににじさんじ所属のVTuber67名によるマリオカート8DX大会 「第2回マリオカートにじさんじ杯」の決勝が開催されました。 今回は本戦及び決勝の結果をまとめていきたいと思いま...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました