梅雨はゆううつ?季節の花で飾りつけするイラストはフリー素材を使おう

未分類
スポンサードリンク

6月といえば梅雨。

 

子ども向けに梅雨のイラストを描く機会もあるでしょう。

 

梅雨のイラストを描く時は傘や雨具、

 

雨天の様子を描けばいいので何気に簡単そうです。

 

ここでは、

 

梅雨のイラストを使って保育園のイベントの準備をしているママに、

 

手書きでも簡単に描ける梅雨の絵や、

 

描き方のコツをご紹介します。

 

ぜひ最後まで読んでみてください♪

 

スポンサードリンク

【梅雨のイラスト】苦手な人必見!手書きでもかわいくできるコツは?

ママになると、

 

イベントのために梅雨のイラストを描く機会もありますよね。

 

ママの中にはイラストが苦手な方も多いはず…!

 

私も手書きのイラストのセンスはあまりなく、

 

苦戦します…。

 

しかしイラストに慣れていない方でも、

 

簡単に手書きが成功するコツがありますよ。

 

ここでは、

 

梅雨のイラストが可愛く描けるコツをご紹介します!

 

【カタツムリのイラストを描く】

 

梅雨になるとカタツムリもよく出てきますね。

 

カタツムリのイラストは可愛く描きやすいため、

 

お子さんも喜んでくれるでしょう。

 

うずまきになった円を描き、

 

そこからニョキっとしたカタツムリの胴体を左右に描きます。

 

顔の部分にはニコっと笑ったような目や口を加えましょう。

 

茶色や黄色で色をつけたら完成です!

 

笑顔のカタツムリを描くことで、

 

イラストがグンと可愛くなります!

 

虫が苦手なお子さんでも、

 

カタツムリのイラストを見れば好感を持ってくれるかも!

 

1分もあれば描けるイラストなので、

 

ぜひ試してくださいね!

 

【カエル】

 

緑色のカエルはお子さんからの人気も高いです。

 

カエルも雨の日によく出る生き物なので、

 

梅雨シーズンのイラストとしておすすめです♪

 

実際のカエルを忠実に描こうとすると、

 

複雑な構造で難しいですが、

 

カエルをシンプルに描くこともできますよ!

 

体は書かずに顔だけ描けばいいのです。

それならイラストが得意でない方も負担は少ないですよね。

 

最後に緑で塗ったらなんとなくカエルらしく見えるでしょう。

 

もちろん、

 

顔の表情は笑顔に描いてくださいね!

 

スポンサードリンク

梅雨のイラストはけっこう簡単?モチーフ別描き方のポイント2選

梅雨のイラストを描く時は、

 

梅雨に関連したモチーフを選ぶと描きやすいです。

 

例えば代表的な例は「傘」ですね。

 

傘以外にも、梅雨を連想するモチーフはたくさんあります。

 

以下をご参考に、モチーフを上手に描いてくださいね!

 

【アジサイ】

 

梅雨の花といえばアジサイです。

 

6月になると綺麗なアジサイがたくさんみられますよね。

 

子どもたちにとっても身近なアジサイの絵を描けば、

 

きっと喜んでくれるはずです。

 

<描き方のポイント>

 

やや右上がりの楕円を描く

楕円の中に9等分の線を入れる

 

*ちょうどメロンパンのイラストのようになります。

9等分した四角の中に細かくて小さな花を描く

 

*花の絵は難しく考えず、

 

簡単に雰囲気がつかめていればいいです。

小さな花をたくさん描いていく

最初に描いた楕円形の左右に葉の絵をつけ足す

葉の線を上からなぞる

 

*リアティが出て本物の葉の印象に近づきます。

緑と紫色を使って花や葉に色をつけていく。

完成!

 

本当のアジサイをパッとみると複雑そうですよね。

 

だからイラストに描くのは難しいと感じるでしょう。

 

ですが、

 

上記のやり方でイラストを描くととても簡単です♪

 

しかも色やなぞった線の効果で上手に見えるんです。

 

ぜひ実践してくださいね!

 

【てるてる坊主】

 

子どもが親しんでくれそうな絵といえば、

 

てるてる坊主の絵です。

 

てるてる坊主も雨を連想するモチーフですね。

 

てるてる坊主のイラストは工数が比較的少ないため、

 

イラストが苦手な方も描きやすいでしょう。

 

<ポイント>

 

丸を書く

 

*これがてるてる坊主の顔にあたります。

丸の下に短いカーブを描き、上の丸とつなげる

 

*てるてる坊主の首の部分にあたります。

丸の下におろしていく。

 

これを左右両方書く。

 

*丸の下に富士山ができているイメージです。

左右からおろした線を並み線でつなぐ

 

*てるてる坊主の体ができあがりました。

丸に目と口を買きこむ

色を塗る

 

*てるてる坊主はほとんど白なので、

 

目と口を黒で描き、

 

首の部分を赤で描くなど工夫しましょう。

完成

 

てるてる坊主は描き方がシンプルですし、

 

色使いも少ないです。

 

イラストが苦手な方が最初に取り組む梅雨のイラストとして、

 

とてもおすすめです!

スポンサードリンク

合わせて読みたい

【梅雨時のイラスト】どのモチーフがおしゃれに見える?
梅雨のイラストといえばアジサイやカエル、 傘や長靴など、 梅雨のシーズンや雨にぴったりのモチーフが浮かびますね! 梅雨にまつわる素材はモチーフは数多くありますが、 イラストを描く時どれ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました