新入社員の歓迎会で挨拶を任された!失敗しない締めの言葉3選

行楽・イベント
スポンサードリンク

新入社員の歓迎会の挨拶を任されて、あと1時間でその歓迎会が始まります。

そんな私もここに入社して10年と経ちます。もう古株の古株です。

そうしてもう10回目の歓迎会を迎えようとしています。

初々しい社会人の、まだあどけない学生気分の抜けてない感じが、私のあの頃を思い出させます。

私もそんな時代もありましたが、今はもう古株となりました。そんな古株にもやることはあります。

私たちがすべきことは、新社会人たちを受け入れ、これからビジネスマナーや

研修や仕事のイロハを教えて行かなければなりません。

経験を積んで成長させるのは、私たち先輩である古株の仕事でもあります。

 

そんな私の話はさておき、失敗しないとされる締めの言葉を3選ほど、紹介いたしたいと思います。

 

これはもう言わなくても分かっていますが、新入社員のための歓迎会です。

私たちが出しゃばる場ではありません。彼らを受け入れこれからをサポートする側なのです。

なのでサクッと紹介したいと思います。

 

  1. 元気よく笑顔で明るく!

締めの挨拶をお願いされて、「嫌だなぁ」と思いながら締めを行うのと、

嫌でも「よっし!締めは任せてください!」という感じで行うとでは、

ずいぶん感じも違います。その締めによって、上司や新入会社員の気持ちも違います。

笑って終わるのか、嫌な気分で終わるのかは、自分次第です。

 

  1. 手締めをする場合は、参加者全員に伝えておく。

手締めとは、手打ちによって行事を締めることを言います。

【一本締め】⇒パパパン、パパパンパパパンパン!

【三本締め】⇒一本締めを3回繰り返すことを指します。

【一丁締め】⇒かけ声に「よーっ!」パン!

※【一本締め】、【三本締め】は「お手を拝借」から始まり、

終わりは「ありがとうございました」で締めます。

※一本締めと一丁締めはよく勘違いされている方が多いようです。気をつけましょう。

 

  1. どんな挨拶で締めるのか?

長すぎず、誰のための歓迎会なのかを頭に入れて手短に締めを行います。

中締めでしっかりとした挨拶をしているので、ガッツリとした挨拶は、

その場をしらけさせてしまいます。簡略にしましょう

 

スポンサードリンク

歓迎会の挨拶は二種類!?中締めと締めの違いを知ろう

歓迎会の挨拶でびっくりしたことが、【中締め】と【締め】と2種類あることです。

中締めというのは、俗に言う「一次会で一回締めましょう」というのが、【中締め】と言います。

ここで、一回区切りをつけて会計をして、二次会に行く人と帰る人と分れます。

二次会に行く人は徒歩なり、タクシーで行くなりして更に親睦を高めに行く人もいれば、

その場の雰囲気を楽しむ人もいます。まだまだ飲み足りない人ももちろんいます。

楽しい時間を楽しむのも大人の一歩なのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

歓迎会の挨拶はマニュアルどおりが基本!締めのやり方を覚えよう

上記を元に私なりに締めのマニュアルを作成してみました。

 

みなさん!お疲れ様でした!

美味しい料理にお酒もいただき、良い感じに歓迎会も終了時間となって参りました。

(ここでいったん飲み会を終了します。のかけ声をします。)

この後は二次会も企画しております。

まだまだ飲み足りない!まだまだ話し足りないという方はぜひご参加ください。

(二次会もありますよ!とアピールをして、一回締めさせてくださいね。とアピール)

 

それでは本日、お集まりいただいた皆さまのご健康と会社の繁栄を願いまして、

一本締めで締めさせていただきます。皆さん、お手を拝借!(ここで中締めをします)

(一本締め)

 

ありがとうございました!

それでは皆さん、お帰りの際には、お忘れ物のないよう、

気をつけてお帰りください。

また二次会に参加される方は、山田課長のところにお集まりくださいませ。

(一本締めをしてくださった方々や、参加してくださった方々へのお礼を込めての挨拶。

そして二次会への案内をスマートに行う)

 

 

この後、何人かの新入社員は二次会に参加して、古株たちや上司たちとお酒やジュースを

楽しんで次の出勤日には、なんだか少しだけですが、大人びた彼らの表情が頼もしく見えました。

スポンサードリンク

合わせて読みたい

いつも使う財布だからこそいいものを!メンズと言ったら革なのか?!徹底調査!
私たちの生活で必要な物で 肌身離さず持っているものといえば 何が思い浮かびますか? もちろん、財布とスマホの2つです! 特に財布はお金を入れるものですし、 ないと困る大事な物ですね。 そん...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました