七五三の記念に手作りの千歳飴はいかが? おうちでできる作り方をご紹介!

子育て

スポンサードリンク

そろそろ七五三のことを考えることが多くなってきませんか?

 

そこで忘れてはいけない千歳飴ですが、

買いに行かなくても自分で作れちゃうって知ってましたか?

 

七五三など、どうしても手作りが難しい行事ですが、

大事な子供の晴れの日に何か手作りできるものがあれば、

作ってみたいですよね?

 

手作りが得意なお母さんにおすすめしたい!

簡単レシピを千歳飴の由来を考えながらお伝えしていきます♪

ただの飴とは違います! 千歳飴の由来から確認!

千歳飴は江戸時代に浅草寺で売り出されたのが

始まりとされています。

 

子供が千歳まで長生きしますようにという願いが

「千歳飴」という名前になっているのではないかと

考えられています。

 

当時は伝染病などで亡くなることが多く、

寿命が短い時代でした。

 

現代は長生きするのが当たり前の時代ですから、

あまり深く考えることなく縁起物として扱われているようです。

 

ですが、折角ですから子供の長寿を祈って

作ってみたいですよね。

おうちでできる千歳飴の作り方!

おうちで千歳飴なんてできるの・・?

手間がかかりそう。など考えてしまいませんか?

実は思っているより簡単に作ることができます

 

<材料>

・水あめ 50g

・コンデンスミルク 20g

・練乳 20g

・スキムミルク 40g

・食紅 少々

・粉砂糖 少々

 

<作り方>

  1. 耐熱ボウルに水あめを入れて600Wで20~25秒ほど加熱する
  2. 1.にスキムミルクと練乳を合わせる
  3. 2.を2等分する。
  4. 白の場合→3.にコンデンスミルクを混ぜる赤の場合→3.に食紅を混ぜる
  5. 4.が冷えて触れるようになってきたら粉砂糖を混ぜる
  6. 固まる前に棒状に伸ばしていく
  7. クッキングペーパーの上にのせて、冷蔵庫で冷やす

 

以上で完成です。

レンジでできる上、材料も少ないので簡単ですよね。

食紅の色や材料を少し変えるだけで、

色とりどりの千歳飴が作るので材料が余ったり、

別の色も準備したいという方は是非アレンジしてみてください。

袋も手作りしよう!

スポンサードリンク
 

折角千歳飴を手作りしたのであれば、

袋も子供と一緒に作ってみませんか?

きっと子供も楽しく作ってくれます。

 

<材料>

・画用紙

・のり

・はさみ

・デコレーショングッズ(お好み)

 

<作り方>

  1. 画用紙を千歳飴が入る大きさ(少し大きめに作っておく)に切って半分に折る
  2. のりしろをつけて、のりをつける
  3. 内側に取っ手をつける(お好みのデザインで)
  4. デコレーションをする

 

これで完成です。

取っ手は非常に取れやすいので牛乳パックなどで、

内側から補強することをおすすめします。

まとめ

このように千歳飴を作ることは非常に簡単です。

お子様と一緒に作ることも可能なので、

是非チャレンジしてほしいです。

 

健康に長生きしてほしい気持ちが沢山込められている上に、

素材を自分で選べるので安心ですよね。

あわせて読みたい

子育て記事特集!
お子さんの髪型から名前まで、 それこそ生まれる前から難しい期間まで、 子育てに関する記事をまとめました!
タイトルとURLをコピーしました